京都インプラント再生センターについて

inouekirc.exblog.jp
ブログトップ

2013年 03月 17日 ( 1 )


2013年 03月 17日

IDS(国際デンタルショー)

みなさんこんにちは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。
だいぶ暖かくなり、東京では桜が咲いたそうですね。

3月12日から15日までIDS(国際デンタルショー)にドイツのケルンまで参加してきました。
様々なインプラント会社が出店しており、材料から道具までいろいろと面白いものを見つけてきました。
もちろん、インプラント会社だけでなく、歯を作る機械(CAD・CAM)もたくさんあり、見るだけでも1日では無理で、より詳しく見るために3日かかりました。
日本で売られているのより、アジア、中東、南米で売られているのは、一工夫された大変画期的な道具がいろいろありました。
いろんな国の人たちと頼りない英語で話し使い方や情報を勉強してきました。
こういった内容を日々診療に取り入れ提供できるよう頑張っていきたいと思います。
f0172023_18133528.jpg


他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-03-17 18:09