京都インプラント再生センターについて

inouekirc.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 26日

ヨーテボリ大学とDr.Friberg

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です.
今回はヨーテボリ大学内のブローネマルククリニックの見学と、そこでDr.Fribergの講義を受講したことについて詳しく紹介させていただきます。
インプラントは、スウェーデンのヨーテボリ大学医学部解剖学教授のペル・イングヴァール・ブローネマルク博士により開発され、1950年代からの10年以上に及ぶ基礎的研究を礎に、1965年から臨床応用され始め、その過程で形態や材質や表面正常が変化し、今日に至っています。そのヨーテボリ大学にブローネマルク博士がクリニックを開設し、そこに見学に行ってきました。大学内を、クリニックから大学の診療室や技工室まで見学させていただき、日本との違いを学ばせていただきました。教育機関も併設しているため、設備も整っており、ライトなども一風変わっていました。
Dr.Fribergは、ノーベルバイオケアのインプラントに画期的な開発に貢献した人です。症例などを見せていただきましたが、当院の治療方針とは異なっていました。当院では、豚や人から作られる人工的な骨は用いないのですが、ヨーロッパでは広く使われているようで、そこはヨーロッパ人と日本人の僕らとは考え方が違うのだと感じました。当院ではもちろんそういった骨を使わず、治療を行っています。そこで院長とf0172023_2135296.jpgDr.Fribergがインプラントの術式や材料についての活発な意見交換を行っていました。当院の治療も世界最先端の治療を行っているのだと感じました。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2008-09-26 21:50


<< Dr. Eirik Aasla...      ヨーロッパ研修 >>