京都インプラント再生センターについて

inouekirc.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 22日

中谷歯科(堀内先生の手術見学)

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
新型のインフルエンザが広がりを見せ、京都の学校も一週間休みになっていると聞いています。皆さんは、予防対策に手洗いやうがいやマスクをきちんとされていますか?

今日は奈良県の五條市にある、中谷歯科(阪大の臨床教授の堀内先生)のところに見学に行ってきました。f0172023_018116.jpg今回のケースは9ヶ月前に上顎の口蓋裂部分も閉鎖し骨移植を行っておられる患者様で、今回は両側のサイナスリフトと同時埋入と、頬棚から骨を採取し足りないところに移植するというものでした。
右側のサイナスリフトは非常に難しく、右上4と6(右上5はもともと欠損歯でした)を残した状態でのサイナスリフトであったため上顎洞の粘膜を剥離し挙上するのが非常に困難な症例でしたが上顎洞を15mm以上挙上し、インプラント同時埋入を行いました。また右上3部に関しても埋入した後、頬側の足らないところに左側の頬棚から骨をブロック骨で採取し、移植したのち固定しました。左側も左上4と5を残してのサイナスリフトでありましたが、同時埋入を2本行い終了しました。非常に勉強になり、手技や考え方など勉強になりました。
堀内先生の手術や技術を勉強を希望される先生方は、7月にグアムであるカダイバーコースに参加されると非常に勉強になると思います。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-05-22 23:14


<< 再会      ノーベルガイドの勉強会 >>