京都インプラント再生センターについて

inouekirc.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 21日

インプラントで噛める治療

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です.
今週も風邪が流行っているみたいで、みなさん、風邪の予防対策を十分してください。

最近いろいろな先生とお会いする事が多く、インプラントの情報交換を活発に行っております。
今週私が担当していた症例について書きたいと思います。上顎の残存歯すべてが歯周病のため、排膿が続いており、思い切って正月までに治したいという方の手術を行いました。保存が厳しい状態であったので、すべてを抜歯し、インプラントを埋入し、その日に歯が入る(抜歯即時負荷)方法を行いました。合計8本のインプラントを埋入しました。このうち即時負荷に用いたのは、4本で行いました。
前歯部は排膿がきつく、骨がほとんど無い状態であったのですが、犬歯部分にはインプラントを埋入することが出来ました。見た目もきれいな状態で歯が入りました。当院ではこういった手術の際には、手術前から技工士さんに来ていただき、手術前の歯の状態を参考に、手術後の歯を作っていただいています。歯科医と技工士さんでチームをつくり、なるべく手術時間を短時間に行うことができ、患者様にはその日に歯を入れて帰っていただいてます。
f0172023_2340470.jpg

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

# by inoue-kirc | 2014-11-21 23:37
2014年 11月 14日

インプラント治療の質問

最近、インプラントをするのか、しないのかで迷ってる患者様が多く来院されます。
今回は皆さんが同じように思っている質問について書いていこうと思います。
その中の一つに、前歯を歯周病や事故で失った方々がよくインプラントできないのかと質問にこられ来院されます。
ある医院では腰の骨をとり、移植しないとインプラントができないといわれ、かなり不安になったそうです。
当院ではまず、CTを撮影しその患者様の骨の状態を分析します。骨が極端に少なくても口の中の骨を移植するか、特殊な器具を使うことにより大きな手術をしなくてもインプラントすることは可能です。
その他にも、インプラントの手術は怖いから、怖いことはなるべく一回ですべて済ませる様にしてほしいとご希望の患者様もいらっしゃります。
怖い方には、寝ている間にインプラント治療をできる麻酔(鎮静)も用意しております。
大きな症例でも出来る限り、来院を少なく、短時間で終わるように治療計画を立てさせていただいてます。
手術時間を短くするためにノーベルガイドシステムを使って、1日で何箇所もインプラント手術を行うことは可能です。
そのほかにも患者様にあった様々な方法をご用意しています。

当院で行っている即時負荷は、抜歯と同時にインプラントを埋入し、歯をその日に入れる治療をおこなっています。
この治療法は、誰でもできるわけではありません。当院の経験と技術によって治療を行っています。
術前にはもちろんDr同士で議論し、シュミレーションを行っています。

この方法での一番のメリットは、治療期間を短くすることです。
手術日に、残すことが出来ない歯を抜歯して、インプラントを埋入し、仮歯まで装着することも行っています。
術前に、仮歯を作製するしておくため、術直後から仮歯を装着してお食事が可能となり生活の質(QOL)を高めることが可能です。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、インプラント手術前にCT撮影を行っています。
CTをとることが出来るので、患者様一人一人、術前の状態を十分に把握することが出来ます。
CT撮影を行うことで、ノーベルガイドを用いて手術も短時間で行うことが出来ます。
ノーベルガイドを利用することにより、メスでの切開、粘膜を剥離しての骨の露出、縫合等が、まったく必要ないために、術中、術後の痛みや腫れが最小限に抑えることができます。
ノーベルガイドを応用して使うことにより、骨を増やす大がかりな手術を避けて、CT撮影で得られた情報から、
骨のある位置を正確に把握してピンポイントでインプラントを埋入することができます。

他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
f0172023_654309.jpg

[PR]

# by inoue-kirc | 2014-11-14 23:52
2014年 11月 07日

インプラント治療

こんばんは。
京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。

上顎や下顎で総入れ歯の方や、歯がほとんど無い方は、なかなか物を食べれ無かったり、話すのが難しかったりします。その場合、当院ではインプラント治療をお勧めします。
インプラントをして、仮歯が入ってからはほとんど食べることができ、話すこともほとんど違和感なく話せます。
そこから調整しながら、最終の歯を作っていきます。

最近静脈鎮静法を用いて手術をしてほしいという患者様が増えています。
ご希望の方は、当院でも対応していますのでお申し付け下さい。
f0172023_9102947.jpg


当院で行っている即時負荷は、抜歯と同時にインプラントを埋入し、歯をその日に入れる治療をおこなっています。この治療法は、誰でもできるわけではありません。当院の経験と技術によって治療を行っています。
術前にはもちろんDr同士で議論し、シュミレーションを行っています。

この方法での一番のメリットは、治療期間を短くすることです。
手術日に、残すことが出来ない歯を抜歯して、インプラントを埋入し、仮歯まで装着することも行っています。
術前に、仮歯を作製するしておくため、術直後から仮歯を装着してお食事が可能となり生活の質(QOL)を高めることが可能です。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、インプラント手術前にCT撮影を行っています。
CTをとることが出来るので、患者様一人一人、術前の状態を十分に把握することが出来ます。
CT撮影を行うことで、ノーベルガイドを用いて手術も短時間で行うことが出来ます。
ノーベルガイドを利用することにより、メスでの切開、粘膜を剥離しての骨の露出、縫合等が、まったく必要ないために、術中、術後の痛みや腫れが最小限に抑えることができます。
ノーベルガイドを応用して使うことにより、骨を増やす大がかりな手術を避けて、CT撮影で得られた情報から、骨のある位置を正確に把握してピンポイントでインプラントを埋入することができます。
[PR]

# by inoue-kirc | 2014-11-07 23:10
2014年 11月 02日

ショートインプラント

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です.

今回は、ショートインプラントについての説明です。
インプラント体が8mm以下のものをショートインプラントといいます。(写真では向かって右下、患者様では左の下の顎の部分のインプラント)
インプラントの長さは、通常メーカーによって異なりますが、10mm~16mmの長さが一般的です。では、ショートインプラントは、どういう場合に用いられるかというと、下顎では、下歯槽管(神経や血管のあるところ)に近い時に用いられ、上顎では上顎洞までの骨の量があまり無い場合に用いられます。
こういったインプラントの存在を知らない先生のところに行くと、「骨を増やす手術が必要です」とか「あなたは、インプラント治療のできない骨の量です」などと言われ、インプラント治療をあきらめる方が多いです。当院では、骨の無い場合その他に傾斜埋入という方法も用意しています。
以下の写真はある先生の症例のサバイバルレイトです。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
f0172023_9234469.jpg

[PR]

# by inoue-kirc | 2014-11-02 09:24
2014年 10月 24日

知覚過敏

みなさんこんにちは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。

今回は知覚過敏について説明します。
知覚過敏の原因になるのは以下の通りです。
・歯ぎしり(エナメル質の磨耗、歯の表面の亀裂)
・食いしばり(エナメル質の磨耗、歯の表面の亀裂)
・強いブラッシング(エナメル質の磨耗)
・歯周病による歯肉の退縮
・経年変化による歯肉の退縮
これらの症状によって、本来歯槽骨の中に埋まっているはずの象牙質が露出し、お口の中で外刺激を受けやすくなり敏感に神経を刺激され起こると考えられています。
軽度の知覚過敏であれば、治療後1~2週間くらいで治まります。
しかし、一度知覚過敏になると季節によって、あるいは冷たい水、風などで再び感じやすくなることもあります。
虫歯とは異なりますので、生活に気をつけて我慢できる程度であればそのままにしておいても問題はありません。
ただ、象牙質が露出したままですとその部分が虫歯になりやすいので、その部分は治療するか、定期的に歯科医院でチェックしたほうがよいです。
重度の知覚過敏で、痛みが長時間持続するようになったり、我慢できないくらいの痛みとなってきた場合には、神経を抜いてしまう場合もあります。

一度退縮してしまった歯肉や、削れてしまったエナメル質を元に戻すことはできませんが、ブラッシングの力を適正な強さにしたり、歯ぎしり、食いしばりの人はマウスピースを入れて寝るようにするなどの予防法があります。
また、市販の知覚過敏用の歯磨き剤を利用するのもよいと思います。
もう一つ、虫歯の治療の後にもしばらく知覚過敏に近い症状が出ることがあります。
虫歯を取り除いた分、神経が感じ易くなるために起こる現象です。
また、金属を詰めた場合は特に、熱を伝え易いために起こりやすくなります。
歯は神経を守るため、新しい象牙質(第二象牙質)を作りだし、それによってこの症状は治まるケースがほとんどです。
それまでの期間はしばらく様子をみるのが良いと思います。
f0172023_2134241.jpg

他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

# by inoue-kirc | 2014-10-24 21:29