京都インプラント再生センターについて

inouekirc.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 25日

インプラント治療

こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院です。
夏休みになりましたね。
旅行とかにお出かけになる方も多いと思います。

インプラント治療の素晴らしさは、歯がなくなってしまった方でも、歯に近い感覚で普段の食事をすることができるようになることだと僕は考えています。審美的な所を回復するのはもちろんですが、機能的な面が回復することは、とても重要なことだと思っています。
昔から、腹が減っては戦ができないと言うように、何をするにもまず食べることが大事だと思います。食べるためには、噛む機能が無くてはなりません。そのため、歯が大切なのです。現在歯がない方々にもぜひもう一度噛める喜びを感じていただきたいと思っています。
f0172023_2013922.jpg


当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。
つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2014-07-25 22:09
2014年 07月 18日

患者様のご意見

こんばんは。
京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。
f0172023_7584153.jpg

最初は入れ歯が嫌で、4年くらい悩んでいたけど、ほんとにインプラントやってよかったわ。
去年の正月は、あんまり何も食べれなかったけど、奥歯で食べれるって最高よね!
完成までは、何ヶ月かかかったけど、ほんとによかったと思ってるの。
インプラントってもっと怖い治療だと思っていった。
ありがとうございますといいて頂きました。

当院では、治療を一つ一つ丁寧にする事を心がけています。

最近、他院でインプラントを行った人が、その歯の部分やその他の歯の治療をしてほしいと来院されることが多くなってきました。
私たちは様々な状況に応じて、より良い治療ができることが求められるようになりました。
そのため僕らは、いつでも勉強会に参加しながらいろいろな先生と情報交換や意見交換を行っています。
これからも患者様に少しでもより良い治療ができるように努力していきたいと思います。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
[PR]

by inoue-kirc | 2014-07-18 22:47
2014年 07月 11日

骨移植

こんにちは。
いのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。

今回は、骨移植について書かせていただきます。
インプラントを希望されている患者様で、診察してもらうと先生から骨が無いとか少ないからインプラントが出来ないとかいわれた経験のある方は多いと思います。特に、上顎の前歯部や臼歯部の骨欠損、下顎臼歯部の下歯槽管までの距離が無い骨の方など様々な場合が考えられます。
こういった場合、骨があるところへ向けてインプラントを傾斜させて埋入するのか骨移植を行わないとインプラント治療が行えません。
骨移植を行う場合、当院では自分の顎の骨(特に下顎枝部)を用いて移植をすることが多いです。ただ,骨移植を行うと腫れや痛みが出てしまいます。そのため当院では出来るだけ侵襲が少なくなるよう心がけています。

 他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
 
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設していますそのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
f0172023_10193814.jpg

[PR]

by inoue-kirc | 2014-07-11 10:17
2014年 07月 04日

インプラントとは?

京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。

みなさん、こんばんは。
、湿度も高く、いよいよ夏という感じになってきましたね。

インプラントとは何なのかについて書いていきます。
人は、歯が割れたり、歯の根の病気ができたり、歯周病などによって、歯を抜歯し、失います。そういった時に、治療されてきたのは、入れ歯や隣の歯を削ってかぶせるブリッジといった治療法でした。こういった治療には欠点がありました。それは、入れ歯の場合だと本来の歯ほどしっかり噛めないという点や、入れ歯がガタガタして食べられないという点がありました。またブリッジの場合だと隣の健康な歯を削らなければならない点がありました。そこで注目されてきたのがインプラントです。
インプラント治療というのは、歯の失われた場所のアゴの骨の中に、人工的な歯根(チタン)を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療方法をいいます。インプラントは、スウェーデンのイェーテボリ大学医学部解剖学教授のペル・イングヴァール・ブローネマルクにより開発され、1950年代からの10年以上に及ぶ基礎的研究を礎に、1965年から臨床応用され始め、今日に至っており、その過程で形態や材質や表面正常が変化してきました。現在では、世界各国で承認され広がっている治療法の一つです。
f0172023_6262850.jpg

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2014-07-04 21:23