京都インプラント再生センターについて

inouekirc.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 27日

歯磨き

こんにちは。
京都市左京区のいのうえまさとし歯科の畑山敬秀です。

最近よくインプラントをされた方に、「歯磨きはどうしたらいいの?」という質問を受けます。
インプラントをされている部位や上部構造(被せ)によって異なるのですが、白くしよう、きれいにしようという気持ちから、つい歯磨き粉をつけすぎてしまいがちです。あまり多くつけすぎてしまうと、被せ物の材料によっては表面のつやがなくなることがあります。
そうすると、被せ物の表面が着色したり、プラークがつきやすくなってしまいます。
ですのでなるべく研磨剤の入っていない物をおすすめします。
歯ブラシは習慣性のものであるため、なかなか磨く癖が変わる人は少ないのが現状です。
そのため、歯垢が取れていない人も実際多く、やはり定期検診をきちんと受けることが大切になります。

最近、他院でインプラントを行った人が、その歯の部分やその他の歯の治療をしてほしいと
来院されることが多くなってきました。
私たちは様々な状況に応じて、より良い治療ができることが求められるようになりました。
そのため僕らは、いつでも勉強会に参加しながらいろいろな先生と情報交換や意見交換を行っています。これからも患者様に少しでもより良い治療ができるように努力していきたいと思います。
f0172023_8591739.jpg

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
[PR]

by inoue-kirc | 2014-06-27 22:55
2014年 06月 20日

2次手術と仮歯

こんにちは。
京都左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。

今週は、インプラントの治療が多かったです。
インプラント手術をした後に、2次手術というのがあります。
その際、少しだけ、麻酔を行い、アバットメントと呼ばれる土台をつけます。
その後に、仮歯を用意しておき仮歯をつけます。
仮歯で大事な事は、噛む機能の回復を行う事、口の周りの筋肉の回復、審美的な回復などいろいろあります。
噛む力も人によって違うため、この期間に最終補綴物を決めていくことも行います。
質問のある方は、いつでもご相談ください。

f0172023_10271157.jpg

[PR]

by inoue-kirc | 2014-06-20 23:16
2014年 06月 13日

インプラント相談

こんにちは。
京都市左京区のいのうえまさとし歯科の畑山敬秀です。
今週は、インプラント相談の方が多く来院されました。
当院では、一人一人時間をしっかりとらせていただき、その人にあった治療方法を説明しています。
治療法は、いくつかありますが、その人にとって最適な方法を説明させていただいてます。
他医院とは違い、専門的にインプラントを中心にお話しさせていただいてます。
ご質問のある方は、いつでも当院へご連絡ください。

f0172023_8442919.jpg

[PR]

by inoue-kirc | 2014-06-13 23:33
2014年 06月 06日

京大発表

おはようございます。
京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。

私は、京都大学の再生研究所という所で、研究生で毎週研究と勉強をしています。
そこで、ある研究室に所属しているのですが、年に二回くらい自分の当番があり発表があるのです。
こないだ、その当番でした。
研究発表をし、議論をいろいろな先生方と行います。
私が行っているのは、歯肉の実験です。なかなかの評価を受け、ほっとしました。
今臨床で患者さんや先生が困っているあの歯肉の実験です。
いい成果を出し、臨床に応用できたらなと思って日々頑張っています。
f0172023_8374795.jpg

[PR]

by inoue-kirc | 2014-06-06 23:32