<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 27日

今年のご挨拶

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です.
今年の12月はほんとに寒い日が続いていますね。

当院に通っていただいた患者様、研修会や出張手術、見学に来ていただいて関わりを持たせていただいた先生方、業者の方、スタッフの方々、今年一年間本当にありがとうございました。
今年も、たくさんのインプラント手術を始め、インプラントの講習会やヨーロッパの研修、
など様々な勉強会に参加させていただき、知識、技術ともに向上し、常に患者様に最高の治療をさせていただくように努めてきました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

当院では、恐怖心の強い方などは、鎮静手術(ボーっとしながら手術を受ける方法)を行っています。
患者様に満足していただける方法をいろいろと用意し提供できるようさせてもらっています。


年末年始のお休みは、12月27日から1月5日までです。1月6日より診療を開始します。
当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、
インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。


[PR]

by inoue-kirc | 2013-12-27 21:08
2013年 12月 20日

京都大学忘年会

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です.

昨日は、京都大学再生医科学研究所(再生研)の忘年会でした。
忘年会では、獣医の先生や呼吸器の先生やいろいろためになるお話が聞けて充実しまし。来年にはいい成果が出そうな気がして、早く来年にならないかと思っています。
1年を振り返ると、あっという間に過ぎてしまった気がします。
今年は特に診療に研究に忙しい年でした。ある意味ほんとに充実した年度だったと思います。
研究は日々の積み重ねだっと思っているので、来年も引き続き努力していい結果を出して論文が書ければと持っています。

他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です。ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。

他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。


[PR]

by inoue-kirc | 2013-12-20 23:03
2013年 12月 12日

ノーベルガイド

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
ノーベルガイド(Nobel Guide)は、インプラントの治療計画から埋入までの一連のインプラント治療をより安全にかつ正確に行うことができます。
術前のCT画像から3D画像を作成し、その画像を元にノーベルガイドは作成され、手術時に正確なインプラント埋入が可能となります。
このノーベルガイドシステムにより歯肉を切らずに、しかも正確、安全に短時間で、手術が可能となり患者さんの負担が大幅に軽減します。
ノーベルガイドを利用することの利点は、
①メスでの切開、粘膜を剥離しません。
②骨の露出、縫合等が、まったく必要がありません。
③術中、術後の痛みや腫れが最小限に抑えることができます。
④手術時間を短くできます。
⑤CT撮影で得られた情報から、骨を増やす大がかりな手術を避けて、骨のある位置を正確に把握してピンポイントでインプラントを埋入することができます。
⑥また、術前に、仮歯をかなり正確に作製することができます。
そのため術直後から仮歯を装着してお食事が可能となります。
通常、ノーベルガイドを利用した即時負荷を行う場合、抜歯後2~4か月待った後にインプラント埋入手術を行います。
当院では、手術日に、残すことが出来ない歯を抜歯して、インプラントを埋入し、仮歯まで装着することもできます。
抜歯と同時に、ノーベルガイドを利用した抜歯後即時インプラント埋入、即時負荷を行うことが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。


[PR]

by inoue-kirc | 2013-12-12 22:26
2013年 12月 06日

噛む大事さ

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
最近、朝はすごく寒くなりましたね。

ある患者様のお話を書こうと思います。
下の顎に3ヶ月前にインプラント埋入の手術された方が、仮歯が入った後
「先生、入れ歯が入っていた時期が嘘のようで、何でも食べられるわ~中華にご飯に色々食べれるのが人生の楽しみやからなぁ。」
と満面の笑みで言っていただき、本当にこの仕事をしていてよかったと思いました。
おいしいもの、食べたいものを食べるときはみんな自然と笑みがこぼれます。
そんな笑みがで皆様にでるように治療していきたいと思っています。
お悩みの方は是非一度ご連絡下さい。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、
インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。


[PR]

by inoue-kirc | 2013-12-06 23:32