<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 29日

研究発表

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です.
京都の紅葉は、いまピークになっていますね。
銀杏が非常に綺麗です。


今週は、所属している京都大学の再生医科学研究所の研究室で研究内容の発表の当番でした。
そこで、今年1年間してきた内容を発表し、いろいろな人に意見をもらいました。
研究は、順調に進んでいい結果がでそうなのでこのまま頑張って行きたいと思います。
一緒に研究をしている人の特許の関係でここに記すことはできませんが、骨と粘膜の再生を行っており、今までにない画期的な材料を作ることができそうです。
散々失敗を繰り返してきましたが、一つの光が見えかけているので来年にかけて続けて頑張ろうと思っています。
その時は、発表したいと思います。

年末年始のお休みは、12月27日から1月5日までです。1月6日より診療を開始します。
当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、
インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-11-29 23:32
2013年 11月 22日

今日はいい夫婦の日

みなさん、こんにちは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。

[PR]

by inoue-kirc | 2013-11-22 15:38
2013年 11月 15日

噛めることの重要性

京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。
だいぶ寒くなってきましたね。
f0172023_1495643.jpg

今日は、噛むことについて書きたいと思います。
噛むことでの体への影響を書いてみたいと思います。
脳に流れる血流の量が増え、脳を活性化します。
唾液の分泌が増え、効率のよい栄養吸収につながります。
唾液による口腔内の自浄作用が活発になり、歯肉炎の予防につながります。
口の周りの筋肉をよく使うと、頭や顎の骨、顔の筋肉の発育が促され、しわや老け顔を防いで豊かな表情につながります。
歯のなくなった箇所に、ブリッジや入れ歯やインプラントといった方法でしっかり噛めるようにすることは非常に大事です。
よく噛むことは健康への第一歩です。


当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、
インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-11-15 23:46
2013年 11月 15日

両親へのインプラント

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。

今週は、父にも母にもインプラント治療を行いました。
父は、右下6に抜歯経過後5カ月くらいに埋入しました。
母は、左上5部に抜歯即時埋入を行いました。
どちらとも、痛みや腫れがなく、喜んでいただき、親孝行ができたと思っています。
しっかり噛めることへの手伝いができ、良かったと思っています。
こういったことができるのも院長に教えていただいたからだと思います。
f0172023_1431459.jpg


インプラントをされた方の術前と術後の顔の表情が、驚くほど変わっているのに気づきました。
ほとんどの方が笑顔が増え、術前とはどこか違って見えます。歯が入ることにより
自分に自信がついたとおっしゃって頂き、気持ちも明るく変化していただけた事を実感いたしました。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、
インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-11-15 23:38
2013年 11月 01日

満足していただける治療

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。

ある患者様のお話を書かせていただきます。
患者様は、20歳女性でした。主訴は、矯正後の保定装置装着による審美障害と違和感でした。
先天的に上顎左右側切歯が先天性欠損であり、約5年前に近歯科医院で上顎左右側切歯の先天性欠損歯に対して上顎の歯列矯正を始め、上顎左右側切歯部のスペースメイキングを行い、約2年前には矯正治療が終了していました。
その間義歯タイプの保定装置を装着しており、特に話したり、食べたりするのに苦労されたそうです。
口腔内写真、パノラマX線・CT撮影および診断用模型を作製し、上顎前歯欠損部に対して母親も交え、義歯、ブリッジ、インプラントによる修復法を説明し、インプラントによる修復法を患者様と母親が希望されたので、インプラント治療を行うこととなりました。インプラント手術を行い、2次手術を行う際に、歯肉移植も行い、プロビジョナルクラウンを装着しました。
経過観察後、歯肉の状態も良子であったので、患者様が若いことと歯周組織への影響を考え、ジルコニアアバットメントとジルコニアクラウンを装着し、現在の状態になりました。
非常に喜んでいただき、人前でも気にせず話すことができ、食事もできるといっていただきました。
一人一人の患者様に納得し、喜んでいただける治療を目指しています。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、
インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
f0172023_23263024.jpg

[PR]

by inoue-kirc | 2013-11-01 23:13