京都インプラント再生センターについて

inouekirc.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 30日

2次手術も鎮静下で可能

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
もう夏休みも終わりですね。でも最近は8月中から二学期が始まってる所が多いみたいです。
f0172023_18443892.jpg

当院では、即時負荷(手術当日に歯が入る方法)なら、年内に仮歯まで入れることが出来ます。
お悩みの方は当院へ一度ご連絡下さい。

最近は、当院では2次手術が多かったです。上下顎に約20本のインプラントを埋入し、仮歯までつける患者様がおられました。
歯がほとんどなく、義歯を装着されている状態でしたが、即時負荷し、今までは仮歯用インプラント
も利用し晶久慈をしていただいてました。
いままで問題はなくやっと2次手術と同時に残りのインプラントを利用し、静脈麻酔鎮静下で歯を作成しました。
患者様はより固定した歯であったため喜んで帰られました。
当院では、2次手術も箇所が多い場合は患者様の希望された時のみ行う場合があります。
より安心して治療を受けていただくためです。

他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-08-30 23:18
2013年 08月 23日

被せ物について

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です.

当院では、インプラントを希望される患者様が多数いらっしゃいます。
年末から正月にかけて、しっかり噛めるようにすることが可能です。
今回はインプラントの土台(アバットメント)の上の被せ物について書かせていただきます。
これは、医院によって様々です。一般的にメタルボンドと呼ばれる陶器で出来た被せ物が一般的です。
当院では、オールセラミックを利用することもあります。
その他にも、ジルコニアクラウンや、ゴールドクラウン(金)や、銀の被せ物など様々な被せ物があります。
ここで、当医院でもよく用いている、メタルボンドやオールセラックやゴールドクラウンについて説明いたします。
メタルボンドは、①歯先に透明感があり、自然の歯に近い ②変色しない
③適合性に優れている④アレルギーがおこりにくい
⑤自分の歯より堅い
ゴールドクラウンは、①高カラット白金加工製のため、高精度で適合性が高い
②天然歯に近い硬さなので対合歯を痛めない
歯に優しい
ジルコニアクラウンやEmaxなどのオールセラミッククラウン
①変色しない ②適合性に優れている
③生体親和性に優れている(アレルギーがおこりにくい)
④今までのセラミックの透明度を越えた新しいセラミック
と、いったことがあげられる。被せ物は、その患者様の噛み合わせや審美的な希望により提示させていただいてます。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-08-23 23:38
2013年 08月 16日

お盆休み中

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
みなさん、お盆中は、いかがお過ごしでしたか?
f0172023_23172898.jpg

僕は、今週はいろいろな専門の道に進んだ先生と久しぶりに会って話をしていました。
歯科の分野だけではなく、医者やその他いろいろな職業に就いた友達も含めてです。
みんなそれぞれ、専門性を高めるため日々努力しているのを改めて知りました。
同級生でもなかなか日々時間がなく会えないため、こういった機会は貴重です。
将来の自分ら描く像に少しずつ修正しながら一歩ずつ向かってお互い成長していました。
僕らの世代は日々がむしゃらに頑張っている仲間がいるので刺激になりました。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者様には痛くなく、腫れないで、早く噛めるよう治療させていただいております。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-08-16 22:57
2013年 08月 09日

インプラントデンチャー

みなさん、こんにちは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
ほんとにこの頃暑い日が続きます。家の中でも日射病になるのでこまめに水分を取りましょう。
それと気になっているのですが、最近晴れてても青空が少ないですよね?
春の報道で騒がしかったあの理由で、空気がかなり汚れている気がします。

最近僕は、インプラントのオーバーデンチャー治療を行うことが多くなってきました。
インプラントのオーバーデンチャー?は何?と思われる方がいるかもしれません。
インプラント治療には、
1.アバットメント等をつけその上に上部構造をつけて歯の機能をさせる固定式のタイプ
2.インプラントの上に直接上部構造を作りネジで固定するタイプ
3.上顎または下顎にインプラントを必要最小本数をいれ、その上にアタッチメント類をつけ、可撤式の義歯を装着するタイプ
があります。
オーバーデンチャー治療は、3に当たります。
オーバーデンチャーにする方法にも様々な方法があります。
a,マグネットアタッチメントを利用する方法
b,ドルダーバーを利用する方法
c,ボールアタッチメントを利用する方法
d,ロケーターアバットメントを利用する方法
f0172023_2258144.jpg

患者様にそれぞれの方法のメリット・デメリットを説明できる歯科医は少ないとおもいます。
治療される前にしっかり聞いておくことが大切です。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、
インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-08-09 22:52
2013年 08月 02日

骨のない人への手術方法(上顎編)

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
先週から今週にかけて、僕は京都大学の実験で忙しい日々を送っています。
日々改善しながら根気よくやろうと思っています。
f0172023_6524432.jpg

上顎の臼歯部に骨がない場合、どのようにしてインプラント手術をするのかという話がありました。
通常骨がない場合、ソケットリフト法やサイナスリフト法、傾斜埋入、ショートインプラントの応用などの手術が挙げられます。
この中の手術方法でも特にサイナスリフト法を用いると術後腫れてしまいます。そこで当院では、他の手術方法で対応し、出来るだけ患者様に負担のかからない最善の方法を行っています。
こうした手術方法を選択するためには、インプラント治療の豊富な経験と技術と診断力が必要です。
インプラント治療をご希望の方は、インプラント専門医院にてご相談下さい。
歯がぐらぐらでお悩みの方やお正月にお餅やおせち料理を美味しく食べようとお考えの方は、早めに当院にご相談下さい。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です。当院はノーベルガイドを使用することにより、
インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-08-02 22:35