<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 22日

歯の色

みなさんこんにちは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。
今回は歯の色のお話を書かせていただきます。

歯の色は様々な成分で決まります。
歯は、エナメル質が半透明で透明度が非常に高い為、象牙質の色が歯の色味として反映されます。
エナメル質は95%以上がハイドロキシアパタイトの無機成分による結晶構造によって形成されていますが、象牙質は、無機成分の他にタンパク質、コラーゲンなどの有機成分が豊富に混ざり合っています。
ですから、ただの白ではなくやや黄色味を帯びています。
個人差、人種差などによって、この象牙質の厚み、エナメル質の厚みが異なり、それによって歯の色が決まります。
象牙質の厚い場合には色味が強くなり、エナメル質が厚い場合には白くなります。
また、エナメル質には凹凸がありますから、それによる光の屈折によっても歯の色は変化し、歯の表面に縞模様のような模様が見えることもあります。
このように歯の色が決まってきますので、投薬などによって象牙質に色が沈着した場合や、神経を抜いた後に象牙質が変性した場合には、歯の色が灰色がかったように変化して見えるのです。

他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。
つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-02-22 23:17
2013年 02月 15日

抜歯即時埋入

f0172023_23574129.jpg
みなさんこんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。

今回は、抜歯をして当日にインプラントを埋入する方法(抜歯即時インプラント)の説明をさせていただきます。

通常は抜歯してから治癒期間を待っても、すぐに骨の量は回復せず、抜歯した時点よりやや骨は吸収されてしまいます。
ですが、抜歯した時に骨の周囲の状態がよければ(感染となりうる原因が除去されていれば)、
抜歯の日にインプラント埋入手術をさせていただく事も可能で、この方法ですと患者様の負担や来院回数も減ります。
(抜歯をする日とインプラントをする日を別にする時と比べると、麻酔回数・来院回数は1回で済みます)。
そして、早期に審美性が回復し、歯肉縁形態(歯ぐきの形)が温存され、見た目も治癒が早く、治療期間が短縮されます。
また、手術前にCTを撮っていただければ、切開・剥離を加えないノーベルガイドを用いた方法もあります。
当院では患者様の状態に合わせていくつかの方法を提案しより良い手術をおこなっております。

インプラント治療は、どこででもできる治療ではありません。また、同じような症例でも、術者によって手術時間、侵襲は大きく変わります。
もちろん最終の結果も変わります。当院はインプラントを専門に行っています。
高度なインプラント治療を行うために、歯周病や予防、歯牙の保存処置、審美性、咬合の回復、矯正を行っていますが、どれも最高の先生方に参加して頂いています。また、最高のスタッフ(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士)を用意しています。
私達は、豊富な経験を生かして、患者様ひとりひとりの最善の治療を提案することが出来ます。そして、その治療を正確に行うことが可能です。
 他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
 
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-02-15 23:50
2013年 02月 08日

口臭

みなさんこんにちは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。
今回は口臭のお話を書かせていただきます。

口臭の原因の大部分はお口の中にあると考えられます。一番の原因は歯周病です。
汚れが長期間お口の中に蓄積され、その汚れの臭い、歯肉の炎症の臭いが原因となるものです。
また、虫歯や合わない詰め物、かぶせ物、入れ歯の汚れが原因となることもあります。
舌の表面についた細菌の塊り(舌苔:ぜったい)が原因の場合もあります。
これらお口の中が口臭の原因の70~80%とも言われています。
その他には、胃や腸などの内臓の不調によるもの、口が渇きやすい病気、ホルモンバランスの乱れ、食べ物や煙草によるものなども口臭の原因と考えられています。
妊娠中などでホルモンバランスが変化したときに口が渇くようになり一時的に口臭が強くなることもあります。
揮発性硫化化合物の硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルスルファイドなどが口臭の主成分であることがわかってきています。
最近では、客観的に口臭を診断する方法として、この成分を測定する機械も利用されていますので、
本当に口臭があるのか、心理的なものであるのか、改善具合の診断ができるようになっています。
以上のことから、まず定期健診をすることで原因を特定し、治療することをお勧めします。
f0172023_16493275.jpg

他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-02-08 23:43
2013年 02月 01日

ブラッシングについて

みなさんこんにちは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。
最近空がかすみ、鼻がかゆい日が続きます。中国からの大気汚染が流れてくるのはきついですね。
f0172023_164452.jpg


この間、インプラントをされた方の術前と術後の顔の表情が、驚くほど変わっているのに気づきました。ほとんどの方が笑顔が増え、術前とはどこか違って見えます。歯が入ることにより自分に自信がついたとおっしゃって頂き、気持ちも明るく変化していただけた事を実感いたしました。

最近よくインプラントをされた方に、「歯磨きはどうしたらいいの?」という質問を受けます。
インプラントをされている部位や上部構造(被せ)によって異なるのですが、白くしよう、きれいにしようという気持ちから、つい歯磨き粉をつけすぎてしまいがちです。あまり多くつけすぎてしまうと、被せ物の材料によっては表面のつやがなくなることがあります。
そうすると、被せ物の表面が着色したり、プラークがつきやすくなってしまいます。
ですのでなるべく研磨剤の入っていない物をおすすめします。
歯ブラシは習慣性のものであるため、なかなか磨く癖が変わる人は少ないのが現状です。
そのため、歯垢が取れていない人も実際多く、やはり定期検診をきちんと受けることが大切になります。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、インプラント手術前にCT撮影を行っています。
CTをとることが出来るので、患者様一人一人、術前の状態を十分に把握することが出来ます。
CT撮影を行うことで、ノーベルガイドを用いて手術も短時間で行うことが出来ます。
ノーベルガイドを利用することにより、メスでの切開、粘膜を剥離しての骨の露出、縫合等が、まったく必要ないために、術中、術後の痛みや腫れが最小限に抑えることができます。
ノーベルガイドを応用して使うことにより、骨を増やす大がかりな手術を避けて、CT撮影で得られた情報から、骨のある位置を正確に把握してピンポイントでインプラントを埋入することができます。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-02-01 15:46