<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 25日

インプラント治療をお考えの方に

f0172023_0172932.jpg
みなさんこんにちは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。
インプラント治療をお考えの人のために書かせていただきました。

現在、インプラント治療ではまず、100%に近い純チタンでできた人工歯根(インプラント体)を歯のなくなった部分の骨に埋め込み、
抜いてしまった歯の根の代わりを作ります。その上に差し歯の要領で歯を作っていきます。
もう一度ご自分の歯を作るようなものなので、咬み心地はほぼご自分の歯と同じです。
人間の歯には、毎日とても大きな力が加えられており、食事、運動をするときなど、日常生活の中で歯は身体を安定させ、維持するためにたくさんの役割を果たしているのです。
何らかの原因で歯を抜くことになってしまった場合、インプラント治療が確立する最近まで、それらの大きな力を支える代替は、残っている他の歯に頼るしか方法がありませんでした。
しかし、それだけの力を他の歯で補うのは、リスクも多く、最終的にはその他の歯も失うという結果になってしまった、という経験を持っている方も多くいることでしょう。
インプラント治療は、歯を失った部分のみを治療する方法ですから他の歯に侵襲を加えることはありません。
そして、しっかりと固定された、硬いものも咬むことのできる歯を回復することができるのがインプラント治療です。
手術の技術はもちろん、歯周病、咬合の考えをしっかりもった先生に治療してもらうようにしてください。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、インプラント手術前にCT撮影を行っています。
CTをとることが出来るので、患者様一人一人、術前の状態を十分に把握することが出来ます。
CT撮影を行うことで、ノーベルガイドを用いて手術も短時間で行うことが出来ます。
ノーベルガイドを利用することにより、メスでの切開、粘膜を剥離しての骨の露出、縫合等が、まったく必要ないために、術中、術後の痛みや腫れが最小限に抑えることができます。
ノーベルガイドを応用して使うことにより、骨を増やす大がかりな手術を避けて、CT撮影で得られた情報から、骨のある位置を正確に把握してピンポイントでインプラントを埋入することができます。

他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-01-25 23:30
2013年 01月 18日

インプラントの上部構造

みなさんこんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。
なんだか最近鼻水が出てきたり目がかゆいなと思って、インターネットなどで花粉情報などを見ていたら、中国から大気汚染の原因となる粒子が飛んできていました。
これは結構体に悪いみたいなので、気をつけてくださいね。
f0172023_00631.jpg

今回はインプラントの上部構造について簡単に説明したいと思います。
1.インプラントの上にアバットメントを装着し、冠をセメントで固定するタイプ
2.インプラントの上に冠をネジで固定するタイプ
3.インプラントの上にマグネット(磁石)をつけ、義歯を固定するタイプ
などがあります。
磁石で義歯を固定するタイプの説明をします。
メリットとしては、費用が安く、治療期間が短いというのがあげれます。
デメリットとしては、あくまで義歯なので義歯に対して違和感があり、インプラントのネジ固定と比べたら噛める力が断然劣ってしまうことがあげられます。
当院では、より噛めるようにネジ固定のタイプの上部構造をお勧めし、装着させていただいています。
ネジ固定の上部構造では、イカやタコでもしっかり食べれることができます。
ご質問等がある方は、当院にご相談下さい。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、インプラント手術前にCT撮影を行っています。
CTをとることが出来るので、患者様一人一人、術前の状態を十分に把握することが出来ます。
CT撮影を行うことで、ノーベルガイドを用いて手術も短時間で行うことが出来ます。
ノーベルガイドを利用することにより、メスでの切開、粘膜を剥離しての骨の露出、縫合等が、まったく必要ないために、術中、術後の痛みや腫れが最小限に抑えることができます。
ノーベルガイドを応用して使うことにより、骨を増やす大がかりな手術を避けて、CT撮影で得られた情報から、骨のある位置を正確に把握してピンポイントでインプラントを埋入することができます。

他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-01-18 23:50
2013年 01月 11日

年賀状のお礼

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
寒さも本格的になりました。
年明け、医院に届いた年賀状を拝見させていただきました。
たくさんの患者様より年賀状をいただきました。ありがとうございました。皆様からの一言に重みを感じながら今年も患者様第一の治療を頑張って行きたいと思っております。
f0172023_2258772.jpg

多くの方に、お正月いろいろなものを食べられて良かった!とおっしゃっていただきました。
中でも、入れ歯のときは歯がガタガタして食べられない、
硬いものが噛めない、発音がしにくいと言っておられた方が、インプラントをしてお正月を迎えたら本当に何でも噛めるてよかった!と言っていただきました。
このようなお言葉をいただける事が本当に嬉しいです。同じような症状でお悩みの方は、諦めずにぜひ一度当院にお問い合わせ下さい。
噛める喜びを多くの皆様に実感していただきたいと思っております。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-01-11 22:55
2013年 01月 04日

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
昨年は皆様に大変お世話になりありがとうございました。
今年も当院をよろしくお願い申し上げます。
今年も様々なインプラントの学会参加や講習会など予定しています。さらに自分の技術を向上させ、常に患者様に最高の治療を提供できるように努めさせていただきます。
年始には、多くのインプラント手術を予定してます。
f0172023_1822685.jpg

インプイラントに関しての質問や、わからないことがあればいつでもご相談ください。
年始は1月7日が診療開始日となります。
当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2013-01-04 18:00