<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 28日

年末へ向けて

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
最近年末までに噛める様にしてほしいと相談に来られる患者様が増えてきています。
f0172023_1156663.jpg

先日ある患者様が、1年ぶりの定期検診に来られました。
以前は、歯がグラグラでお話も人とできず、外食もできずに困ってたのに、今は好きな食べ物を食べて、笑って仕事をできるようになった。
治療期間はかかるけどやって良かった。
ほんまに有難うございましたと言っていただきました。
患者様が言うには、他にも同じ時期に同じような治療を他院でした友達の方は未だにまだ治療が終わらず困ってるみ見たいやし、私はここの歯科医院で治療してもらってよかったわ。
ありがたいお言葉を頂いたので、これからも頑張っていこうと思いました。

来月は、ヨーロッパインプラント学会に参加しようと思っています。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2012-09-28 23:44
2012年 09月 21日

日本口腔インプラント学会

f0172023_9355515.jpg
こんばんは。
京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。

今週は、日本口腔インプラント学会が大阪の国際会議場で行われます。
9月21日から23日まで開催されます。
もちろん私も本日行ってきました。
より安心安全な治療をより一層提供できるよう公演に参加してきました。
いろいろな先生とお会いし、情報交換してきました。
明日も参加し海外から来られる先生の講演も聞こうと思っています。
来月は、ヨーロッパインプラント学会に参加しようと思っています。

最近、他院でインプラントを行った人が、その歯の部分やその他の歯の治療をしてほしいと来院されることが多くなってきました。
私たちは様々な状況に応じて、より良い治療ができることが求められるようになりました。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2012-09-21 23:31
2012年 09月 14日

医院の選択基準

こんばんは。
京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。
f0172023_9344718.jpg

インプラント治療は、いろいろな問題が新聞や雑誌やTVで取り上げられています。
多くは、歯科医側の経験不足であったり、できないことをできるなどといい、歯を入れたら
思ってたのと違うのが入ってたりして問題になっています。
当院では、治療前に十分な説明を何度もさせていただき、納得して頂いてから治療を勧めるようにさせていただいてます。
治療前には、術前の検査ももちろんしっかりさせてもらい、その人に合った治療を勧めています。
最近の歯科医院では、CTが普及してきたため、インプラントをされる先生の所ではあるのが普通になってきました。
私たちのようにインプラント治療になれていても、パノラマだけで治療をするのとCTがあるのでは全然違います。
人によって骨の形は違い、他人と同じ形をしていることなど絶対ありません。
そのため、神経や血管、骨の形態は必ずCTから術前検査で確認しています。
そうすることで患者さまにより安全に治療することが可能となっています。
私たちは、術前に3D像を頭に入れることで手術をより短時間で行うことができます。
治療をされる前にその医院がCTなど撮影されているのかも治療で迷われている方の一つの選択基準となるのではないでしょうか?
当院で治療をご希望の方は、いつでもご連絡ください。

来週は、インプラント学会があり、いろいろな先生と情報交換をしてくる予定です。

最近、他院でインプラントを行った人が、その歯の部分やその他の歯の治療をしてほしいと来院されること¥が多くなってきました。
私たちは様々な状況に応じて、より良い治療ができることが求められるようになりました。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2012-09-14 23:32
2012年 09月 07日

喫煙とインプラント

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
f0172023_23312428.jpg

喫煙は様々な健康への被害を及ぼしますが、歯への影響も例外ではありません。
喫煙により、歯茎の毛細血管が収縮し血行が悪くなるので、創傷治癒が遅れたり、インプラントと骨の結合を阻害したりします。
タバコに含まれるニコチンは歯肉や骨の毛細血管を収縮させ、血管の中を流れる細菌に抵抗する成分を局所に届きにくくしてしまいます。
その結果、傷の治りが遅くなったり、万が一細菌が入り込んだときの抵抗力を低下させてしまいます。
また、血液中の免疫に関する細胞そのものを弱らせてしまうということも分かってきています。
タバコを吸うことによる免疫力の低下は、さらにビタミンCの破壊とそれに伴うコラーゲン線維の生成の低下を引き起こし、歯周病などの病気にになる原因となっています。

喫煙が健康にとって有害であるということは、既にご存知の事と思いますが糖尿病、高血圧症、動脈硬化などの生活習慣病の全てに、喫煙が悪影響を及ぼしていることが明らかになっています。
その病気によって口腔内に病原菌が繁殖し、毛細血管の微小循環が悪くなり、治りが悪くなります。
タバコを吸うと歯やインプラントにヤニが付着します。
この付着したヤニは、お口の中の細菌が増殖する最高の環境になってしまいます。
当院では、できるだけ喫煙されている方には、禁煙していただけるように、どうしても禁煙できない方にはできるだけ本数を減らしていただくよう指導しています。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2012-09-07 23:31