<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 26日

磨き方

京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。

インプラントをされた方の術前と術後の顔の表情が、驚くほど変わっているのに気づきました。
ほとんどの方が笑顔が増え、術前とはどこか違って見えます。歯が入ることにより
自分に自信がついたとおっしゃって頂き、気持ちも明るく変化していただけた事を実感いたしました。
f0172023_1152214.jpg

最近よくインプラントをされた方に、「歯磨きはどうしたらいいの?」という質問を受けます。
インプラントをされている部位や上部構造(被せ)によって異なるのですが、白くしよう、きれいにしようという気持ちから、つい歯磨き粉をつけすぎてしまいがちです。あまり多くつけすぎてしまうと、被せ物の材料によっては表面のつやがなくなることがあります。
そうすると、被せ物の表面が着色したり、プラークがつきやすくなってしまいます。
ですのでなるべく研磨剤の入っていない物をおすすめします。
歯ブラシは習慣性のものであるため、なかなか磨く癖が変わる人は少ないのが現状です。
そのため、歯垢が取れていない人も実際多く、やはり定期検診をきちんと受けることが大切になります。


最近、他院でインプラントを行った人が、その歯の部分やその他の歯の治療をしてほしいと
来院されることが多くなってきました。
私たちは様々な状況に応じて、より良い治療ができることが求められるようになりました。
そのため僕らは、いつでも勉強会に参加しながらいろいろな先生と情報交換や意見交換を行っています。これからも患者様に少しでもより良い治療ができるように努力していきたいと思います。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2012-01-26 23:58
2012年 01月 20日

出張先からのお言葉

f0172023_19112123.jpg
こんばんは。
京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。

出張先の患者様から頂いた情報を書いておきます。

最初は入れ歯が嫌で、4年くらい悩んでいたけど、ほんとにインプラントやってよかったわ。
去年の正月は、あんまり何も食べれなかったけど、奥歯で食べれるって最高よね!
完成までは、何ヶ月かかかったけど、ほんとによかったと思ってるの。
手術に来てくださった先生にも、よろしく言っといて下さい。
と、出張先の先生からありがたい電話がありました。
こういうお手伝いをできていることを誇りに思っています。


最近、他院でインプラントを行った人が、その歯の部分やその他の歯の治療をしてほしいと来院されることが多くなってきました。
私たちは様々な状況に応じて、より良い治療ができることが求められるようになりました。
そのため僕らは、いつでも勉強会に参加しながらいろいろな先生と情報交換や意見交換を行っています。
これからも患者様に少しでもより良い治療ができるように努力していきたいと思います。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2012-01-20 23:08
2012年 01月 13日

患者様からのお言葉

こんばんは。
京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。
f0172023_0325065.jpg

今回は、ある患者様から言われえた話を書かせていただこうと思います。
「最初は何にも噛めない状況が2年くらい続いたが、今年の正月は気分よく迎えれたわ。
ほんまに先生のおかげで噛めるようになってよかった。
インプラントなんて最初怖いしなんであんなもん口の中に入れんのやと思ってたけど、食べれるようになったら全然違うの。我慢する時期過ぎたら、いまは快適や」
といっていただき、日々丁寧な治療をしてきてよかったと思いました。
f0172023_0302810.jpg


最近、他院でインプラントを行った人が、その歯の部分やその他の歯の治療をしてほしいと来院されることが多くなってきました。
私たちは様々な状況に応じて、より良い治療ができることが求められるようになりました。
これからも患者様に少しでもより良い治療ができるように努力していきたいと思います。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2012-01-13 23:23
2012年 01月 06日

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。
昨年は皆様に大変お世話になりありがとうございました。
今年も当院をよろしくお願い申し上げます。
今年も様々なインプラントの講習会に参加したり、海外研修も予定しています。
去年同様、自分の技術を向上させ、常に患者様に最高の治療を提供できるように努めさせていただきます。

最近、他院でインプラントを行った人が、その歯の部分やその他の歯の治療をしてほしいと来院されることが多くなってきました。
私たちは様々な状況に応じて、より良い治療ができることが求められるようになりました。
そのため僕らは、いつでも勉強会に参加しながらいろいろな先生と情報交換や意見交換を行っています。
これからも患者様に少しでもより良い治療ができるように努力していきたいと思います。
f0172023_18223063.jpg

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2012-01-06 23:23