京都インプラント再生センターについて

inouekirc.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 25日

トータル治療

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
f0172023_111805.jpg

最近年末までに噛める様にしてほしいと相談に来られる患者様が増えてきています。
当院では、部分的な治療するのではなく、全体的な歯のことを考えて治療を行っています。
前歯だけ治しても、後ろの歯が悪いと、すぐに欠けてしまったりするので、トータルで考えて治療の説明をさせていただいています。
この中で審美部位のインプラント治療は難しいですが、当院ではなるべく腫れないよう治療を行います。前歯部はよく事故や歯が割れたり、根っこの病気になったりで抜く場合がありますが、特に日本人の場合上顎前歯部の骨が薄いため、難しい場合が多いです。
骨移植が必要なこともありますが、当院では特殊な器具を用いて骨移植なしでインプラント埋入も可能です。
その患者様の要求に合わせて術式を選択させていただくこともあります。

私達は、患者さんのQOL(生活の質)を考えて、同じように見える症例でも、解決するための多くの治療法を持ち合わせています。
当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。¥そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2011-11-25 23:09
2011年 11月 19日

患者様の感想

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
こんばんは。いのうえまさとし歯科の畑山敬秀です。
最近年末までに噛める様にしてほしいと相談に来られる患者様が増えてきています。
随時相談は受け付けていますので、ご連絡ください。
f0172023_22364933.jpg

先日ある患者様が、1年ぶりの定期検診に来られました。
以前は、歯がグラグラでお話も人とできず、外食もできずに困ってたのに、
今は好きな食べ物を食べて、おもっきり食べて、昔より太ってしまったぐらいやでと冗談を交えながらお話しさせていただき、最後には本当に有難うございましたと言っていただき良かったと思っています。
また、他にも同じ時期に同じような治療を他院でした友達の方がいらっしゃるそうで、その方がおっしゃるには、未だにまだ治療が終わらず困ってる見たいやし、私はここでしっかりした治療を短期間で治療してもらってよかったわ。
と言っていただきほんとに良かったと思いました。これからも頑張っていこうと思いました。
f0172023_2238238.jpg

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、
インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2011-11-19 22:20
2011年 11月 11日

歯の喪失が引き起こす体への影響

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
秋の大収穫祭を祖母の家で行いました。
f0172023_2333568.jpg
f0172023_23341955.jpg


今回は、インプラント治療がなぜ必要かということを、全身的なことから説明したいと思います。
歯を1本失うと、放置すれば、やがて周りの歯が傾き低くなります。そうすると、上下の歯が、噛み合わなくなるので、下の顎が低い側に移動します。その結果、顎のずれが生じ、首に負担がかかり、肩こりやストレスを感じることが増えてきます。また、どんどん歯が抜けていき放置したとしたら、不自由な食生活を強いられ、体の不調を訴え、病気がちになっていきます。噛めなくなるということは、食べ物を細かくできず、唾液の分泌も減少し、消化吸収の効率が悪くなり、噛む力が弱くなります。また脳や全身への血流量が少なくなり、全身の栄養不足を招きます。
すると、顎や全身の筋肉も衰え、骨の石灰化分の体外への流出も生じてきます。
その結果、骨粗鬆症になりやすかったし、骨折や寝たきりの生活などを引き起こしたりします。
こういったことは、噛み合わせが引き起こす、全身との係わり合いの中のほんの一部なのです。
よく噛めるということは幸せなことであり、皆さん歯をなくされてから歯が大事だったのかと気づかれる方が多いのが現実です。
歯がなくなれば、できるだけ早期にもとの噛みあわせに近い状態に戻すために、インプラントや義歯といった歯科治療を受け、噛みあわせを回復されるのがよいと考えられます。


当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました
[PR]

by inoue-kirc | 2011-11-11 23:22
2011年 11月 04日

審美部位のインプラント治療

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
f0172023_23345584.jpg

患者様は、20歳女性でした。主訴は、矯正後の保定装置装着による審美障害と違和感でした。
先天的に上顎左右側切歯が先天性欠損であり、約5年前に近歯科医院で上顎左右側切歯の先天性欠損歯に対して上顎の歯列矯正を始め、上顎左右側切歯部のスペースメイキングを行い、約2年前には矯正治療が終了していました。
その間義歯タイプの保定装置を装着しており、特に話したり、食べたりするのに苦労されたそうです。
口腔内写真、パノラマX線・CT撮影および診断用模型を作製し、上顎前歯欠損部に対して母親も交え、義歯、ブリッジ、インプラントによる修復法を説明し、インプラントによる修復法を患者様と母親が希望されたので、インプラント治療を行うこととなりました。インプラント手術を行い、2次手術を行う際に、歯肉移植も行い、プロビジョナルクラウンを装着しました。
経過観察後、歯肉の状態も良子であったので、患者様が若いことと歯周組織への影響を考え、
ジルコニアアバットメントとジルコニアクラウンを装着しました。
現在は、写真の状態です。
f0172023_23302985.jpg

f0172023_2331267.jpg


インプラントの前歯部の治療は、術前から慎重に行わないと術後審美的に回復しません。
技術、経験、知識がどうしても必要となります。でなかれば、あとから元に戻すのは大変です。
ご相談の方は、一度当院へご連絡下さい。

当院院長がインプラント治療の要点をまとめたDVDを発売しました。
技工部門は、技工の世界では有名な重村宏先生に協力していただき、すばらしい補綴物ができあがりました。
その作り方などの解説についても、DVDに収められています。ちょっとしたテクニックの一部も収録されております。
4枚組みになっており、興味のある先生方は、医療情報研究所が制作していますのでお問い合わせ下さい。


当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、インプラント手術前にCT撮影を行っています。
CTをとることが出来るので、患者様一人一人、術前の状態を十分に把握することが出来ます。
CT撮影を行うことで、ノーベルガイドを用いて手術も短時間で行うことが出来ます。
ノーベルガイドを利用することにより、メスでの切開、粘膜を剥離しての骨の露出、縫合等が、まったく必要ないために、
術中、術後の痛みや腫れが最小限に抑えることができます。
ノーベルガイドを応用して使うことにより、骨を増やす大がかりな手術を避けて、CT撮影で得られた情報から、
骨のある位置を正確に把握してピンポイントでインプラントを埋入することができます。


他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2011-11-04 23:57