<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 30日

ノーベルガイドを用いたインプラント治療

みなさんこんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
大阪府の枚方市では、今枚方菊人形が開催されています。
NHKドラマで話題の坂本龍馬などの菊人形も飾られているとのことです。
f0172023_019972.jpg


10月26日火曜日午後19時から中京区の安田歯科医院で勉強会を行いました。
今回は安田歯科医院院長が発表担当で行われました。症例検討会は本当に勉強になりました。
インプラント埋入方法についてもちょっとした工夫などを話し合うことが、お互いの技術の向上につながります。常に患者様に良い治療ができるよう話し合いを行ってます。
参加ご希望の先生はご連絡下さい。

ノーベルガイドを利用した、抜歯即時埋入、即時負荷の症例が増えてきました。
私も、先週上顎に6本のインプラント埋入とIPインプラントを埋入し、患者様に満足していただきました。当院では、ノーベルガイドの症例数は、日本で一番多いそうです。安心してご相談にお越し下さい。

11月28日に、インプラント勉強会を行います。インプラントを始めようとしている先生方、難しい症例を抱えて困っている先生方で、会の主旨を理解して頂いた先生方や歯科技工士、歯科衛生士の方は、是非ご参加ください。
他のセミナーのようにお客様(患者様)を集めるようなお話はありませんが、患者さんのためになるお話をさせて頂きます。

 インプラント治療は、どこででもできる治療ではありません。また、同じような症例でも、術者によって手術時間、侵襲は大きく変わります。もちろん最終の結果も変わります。当院はインプラントを専門に行っています。
高度なインプラント治療を行うために、歯周病や予防、歯牙の保存処置、審美性、咬合の回復、矯正を行っていますが、どれも最高の先生方に参加して頂いています。また、最高のスタッフ(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士)を用意しています。
私達は、豊富な経験を生かして、患者様ひとりひとりの最善の治療を提案することが出来ます。そして、その治療を正確に行うことが可能です。
 他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
 
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-10-30 00:22
2010年 10月 22日

韓国の歯科事情

みなさんこんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
最近は、秋でも花粉症のためマスクをしている人をよく見かけます。
来年の春は、今年の猛暑のせいで花粉が多いみたいなので、今から花粉症で困っている皆さん同様私も対策をと考え中です。
f0172023_2163777.jpg

先週末は院長とともに韓国へ行き、歯科事情を勉強してきました。以前もお話したように、韓国のインプラント器具は進んでいます。美容や整形で歯の矯正やインプラント治療が発展しているからです。さすが美容大国と呼ばれているだけのことはあります。
今回は、その手術内容が一体どのようなものかを勉強会を通し学んできました。
手術の術式は、道具が進んでいるのでどれくらい凄いのかと期待して聞きに行きましたが、日本の先生方の治療とほとんど同じでした。
講演の内容は、上顎洞へ行うインプラント手術、骨移植、インプラント手術のリカバリー方法などが主でした。講演を聴きながら、当院で行っているインプラント手術の方が患者様にとって腫れず低侵襲で治療期間も短く治療を行っていると思いました。良い面を学び合ってより良い治療を患者様に受けていただける様にこれからも日々勉強に取り組んでいきます。

また今回交流を行った先生と院長が勉強会を来年度行うことになりました。
日程などは今後のブログで紹介していきたいと思います。
f0172023_218118.jpg

10月26日火曜日午後19時から中京区の安田歯科医院で勉強会を行います。
興味のある方は、院長か安田歯科医院の院長にご連絡ください。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-10-22 23:14
2010年 10月 15日

日本国際歯科大会in横浜

こんばんは。京都市左京区いのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
下の写真は先週末、府民牧場へ行った時の1枚です。羊たちも衣替えをしていました。
f0172023_0152448.jpg

先日、当院院長と横浜で開かれた第六回日本国際歯科大会に参加してきました。
以前ご紹介していました、当院でもインプラントの補綴物(被せ物)を作ってもらっている技工士さんが演者として講演されるということで参加してきたのですが、歯科医師、技工士合わせて300人近くもの人が来られていました。その中に、歯科医の中で有名な勉強グループのトップの方もこの勉強会に参加されていて驚きました。
講演の中では、当院院長の抜歯即時・即時埋入負荷症例も発表されていました。後から聞いた話ですが、出版社の方や歯科医師、技工士さんの方に絶賛されていたそうです。院長のすごさを改めて実感しました。その講演後、展示会場で様々なブースで見学をしましたが、日本の展示会より海外の展示会の方が目新しい道具や材料がありました。
特にインプラント関連の器具は、日本に比べると韓国の方が優れている物も多々ありました。
その理由のひとつとして、日本では新しいものが発売されるとき、厚生省の認可がなかなかおりずに他国より時間がかかるという点があげられます。より高い安全性を確かめて慎重にというのが前提ではありますが、患者様のためには早く認可が取れるようになれば良いなと思いました。


来年のお正月には美味しくお節料理やお餅が食べたいと、来院される方が増えてきました。
当院では、最初から丁寧に相談させていただきます。
ご希望の方は、お電話で予約をお願いします。(075-723-8241)

また11月28日に勉強会を近畿レントゲンで行います。
前回は四国地方の先生にご講演いただきましたが、今回は中国地方より先生にお越し頂いて勉強会を開催する予定です。参加御希望の先生方は、当院院長にご連絡下さい。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。
つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-10-15 00:11
2010年 10月 08日

芋ほり

こんばんは。京都市左京区いのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。

先週は、僕のおばあちゃんの家の畑でサツマイモ堀りをしました。今年は、晴れの日が多く雨が少なかったため、サツマイモの発育状況も例年よりは劣ると近所の方が言っておられました。
f0172023_22311620.jpg

こんなにでかいサツマイモが採れました。子供の頃に戻ったようにはしゃぎながら芋ほりできました。
f0172023_22333863.jpg

芋を掘りながら思ったことがあります。
みなさん「え!!」とお思いになるかもしれませんが、歯科治療の歯を抜く操作と似ていると思いました。芋堀りをされた方はわかると思いますが、芋ほりの場合、しっかり周りの土をどけ、芋が埋まっているところより深いところまで土を掘らないと、芋の先端が折れてしまいます。根があるだろうと予測できる所より深い所に鍬をいれ、てこの原理で土を掘り起こすと、きれいなサツマイモが掘れるのです。小学生以来にしたのでなかなか難しかったです。
歯を抜く場合は、骨に埋まっていますが(厳密には歯根膜と言われるもので覆われており少し隙間があります)、周りの骨を余分に削りながら歯を抜くすることはありません。
低侵襲できっちり歯の先端まで抜くことができます。
ただ、芋を掘るということと歯を抜くことはどこか似ているのではないかと思いました。

来年のお正月には美味しくお節料理やお餅が食べたいと、来院される方が増えてきました。
当院では、最初から丁寧に相談させていただきます。ご希望の方は、お電話で予約をお願いします。(075-723-8241)

また11月28日に勉強会を近畿レントゲンで行います。
前回は四国地方の先生にご講演いただきましたが、今回は中国地方より先生にお越し頂いて勉強会を開催する予定です。参加御希望の先生方は、当院にご連絡下さい。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。
つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-10-08 22:09
2010年 10月 01日

新しいCTを導入しました

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
やっと秋の肌寒い涼しさが訪れたかと思ったのも束の間、今日はまた夏の暑さが戻ってしまいました。衣替えのタイミングが難しく困る異常気象です。
f0172023_23284384.jpg

当院はCT装置を新しくしました。今までのCTではどうしても限界がありました。より少ない被爆量で、より正確に撮影が可能になりました。CTの特徴として、従来のレントゲン写真では2次元的にとっており、CTでは3次元的に撮影を行っています。つまり、まったくわからなかった方向の断面が見られるようになります。従来のレントゲンでは像の歪みのため、レントゲン上の距離は正確なものでは無かったのですが、CTではコンピュータ上で計算された距離が正確に表示されます。
下歯槽管や上顎洞といった重要な解剖学的形態までの距離をあらかじめ知ることができます。
そのため、粘膜を剥離しなくてもインプラント埋入できるフラップレスの治療を行うことが可能です。フラップレス治療を行うことにより、腫れたり、痛んだりする可能性が低くなります。歯科用Cは、医科用のCTと比べると、被曝量が少なく、撮影時間も短く、普通のレントゲンと同じ姿勢で撮影が可能です。解析画像も鮮明で、非常に診断しやすくなっています。
インプラント治療において現在ではCT無しで施術するという事は考えにくく、CT完備のインプラント医院を選ぶというのが一つの指標になってきています。またノーベルガイドを用いた手術でも、CT無しでは実現不可能です。ノーベルガイドはCTデータ上であらかじめ決めておいた位置にインプラントを埋入できる最新の技術だからです。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-10-01 23:25