京都インプラント再生センターについて

inouekirc.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 27日

その日に歯が入るインプラント治療

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。

電車で通勤していると、今週から学校が始まるところもあり、一気に電車に乗る人が増えてきました。また、下鴨付近で夕方鈴虫の声が聞こえました。猛暑続きですが、少しずつ夏も終わりに近づいているように思いました。
f0172023_23411111.jpg

今週は、当院で多くのインプラント手術がありました。
特にノーベルガイドを用いた手術が多く、抜歯即時埋入を行った後、その日に歯を入れて帰っていただきました。手術も当初予定していたより一時間早く終わり、患者様には喜んで帰っていただきました。

インプラント治療の素晴らしさは、歯がなくなってしまった方でも、歯に近い感覚で普段の食事をすることができるようになることだと僕は考えています。審美的な所を回復するのはもちろんですが、機能的な面が回復することは、とても重要なことだと思っています。
昔から、腹が減っては戦ができないと言うように、何をするにもまず食べることが大事だと思います。食べるためには、噛む機能が無くてはなりません。そのため、歯が大切なのです。現在歯がない方々にもぜひもう一度噛める喜びを感じていただきたいと思っています。
手術当日に歯をつけて帰っていただける治療は、本当に画期的なインプラント治療の一つだと言えます。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。
つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-08-27 23:41
2010年 08月 22日

Nobel Biocare Symposium Asia - Pacific 2010

みなさん、おはようございます。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
8月21日東京の品川でNobel Biocare Symposium Asia - Pacific 2010が開催されました。
このイベントは、インプラントのメーカーの中の大会の中では一番大きいものだと僕は思っています。
お手伝いしてもらってる技工士の重村さんと院長と僕は、前日から行きノーベル本社の方と打ち合わせをした後、さらに夜遅くまで発表内容の最終チェックを行いました。
当日、院長は“NobelClinicianのプランニング”のハンズオン講習を行いました。
多くの歯科医師、技工士の方が参加され、ノーベルガイドの新しいバージョ(NobelClinician)について症例を通じて話をされました。
また、歯科医師側だけでなく、歯科技工士への細かいアドバイスもされました。
多くの先生方に質問をうけ、時間を延長するくらい大盛況となりました。
また質問を通して、当院で当たり前に行っている治療がインプラントしている先生の中でもかなり高度な治療をしていることを改めて認識しました。
f0172023_1031844.jpg
f0172023_10312628.jpg


最近、インプラント治療を行っている医院は増えています。
しかし、手術当日に噛めるように歯が入る医院はそう多くはありません。
それは、インプラントの手術とその日入る歯に特殊な技術が必要だから、できる歯科医院は限られてきます。多くの歯を失ったかたでも、手術して、その日に歯が入り噛めるということほど喜ばしいことはないと思っています。
もちろん、手術後に義歯をつけて生活することは無いようにしています。
年末までに歯をきれいにしたいと思っておられる方は、今からでも遅くないので、一度ご相談下さい。


当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-08-22 10:28
2010年 08月 13日

ノーベル講習会お知らせ

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
今週は、大学の同期の同窓会が卒業以来初めて開催されました。
久々に同期に会うと、それぞれが様々な活躍しているのを聞きました。
歯科の分野でも専門があり、同期がそれぞれの分野で専門医を目指し頑張っているのを聞くといい刺激になりました。
f0172023_024441.jpg

当院院長が8月21日に、Nobel Biocare Symposium Asia - Pacific 2010で、
10時半より“NobelGuideプランニング”ハンズオン講習の講師を担当されます。
ノーベルガイドの基本的な考え方や、裏技までお話されるつもりです。
現在までに綿密な打ち合わせを行い、万全の体制で講習会を受けていただけるよう準備を続けています。今回は、ノーベルガイドのみの話なのでかなり突っ込んだ内容になりそうです。興味のある方は、御参加下さい。

最近、インプラント治療を行っている医院は増えています。
しかし、手術当日に噛めるように歯が入る医院はそう多くはありません。
それは、インプラントの手術とその日入る歯に特殊な技術が必要だから、できる歯科医院は限られてきます。
多くの歯を失ったかたでも、手術して、その日に歯が入り噛めるということほど喜ばしいことはないと思っています。
もちろん、手術後に義歯をつけて生活することは無いようにしています。
年末までに歯をきれいにしたいと思っておられる方は、今からでも遅くないので、一度ご相談下さい。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です。当院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-08-13 23:21
2010年 08月 06日

インプラントの被せ物の種類

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
f0172023_22332981.jpg

暑いので、かき氷がおいしい時期ですね。
f0172023_22595492.jpg

今回はインプラントの土台(アバットメント)の上の被せ物について書きます。
これは、医院によって様々です。一般的にメタルボンドと呼ばれる陶器で出来た被せ物が多く用いられてます。その他にも、ジルコニアクラウンや、ゴールドクラウン(金)や、銀の被せ物など様々な被せ物があります。
ここで、当医院でもよく用いているメタルボンドやゴールドクラウンやジルコニアについて説明いたします。
メタルボンドは、①歯先に透明感があり、自然の歯に近い ②変色しない
③適合性に優れている④アレルギーがおこりにくい
⑤自分の歯より堅い
ゴールドクラウンは、①高カラット白金加工製のため、高精度で適合性が高い
②天然歯に近い硬さなので対合歯を痛めない
③歯に優しい
ジルコニアクラウン
①変色しない ②適合性に優れている
③生体親和性に優れている(アレルギーがおこりにくい)
④今までのセラミックの透明度を越えた新しいセラミック
と、いったことがあげられる。被せ物は、その患者様の部位や噛み合わせや審美的な希望により提示させていただいてます。

最近、インプラント治療を行っている医院は増えています。
しかし、手術当日に噛めるように歯が入る医院はそう多くはありません。
それは、インプラントの手術とその日入る歯に特殊な技術が必要だから、できる歯科医院は限られてきます。多くの歯を失ったかたでも、手術して、その日に歯が入り噛めるということほど喜ばしいことはないと思っています。もちろん、手術後に義歯をつけて生活することは無いようにしています。
年末までに歯をきれいにしたいと思っておられる方は、今からでも遅くないので、一度ご相談下さい。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-08-06 22:27