京都インプラント再生センターについて

inouekirc.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 27日

ジルコニアインプラント

みなさん、こんにちは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
先週は、日曜日に東京でジルコニアインプラントの勉強会に出席し、今週末は韓国に歯科医院見学とデンタルショーに参加してきました。いまや韓国は、日本を抜く勢いで経済が成長しており、GDPも5.8パーセントも上昇しています。ソウルに着いたときに、その経済発展の勢いを目の当たりにしました。インプラントの分野でも日本よりかなり進んでいるため今回韓国に勉強に行くことになりました。
f0172023_12193867.jpg

f0172023_1220055.jpg

今回は、ジルコニアインプラントの勉強会の話を中心に書きたいと思います。
ジルコニアとは、生体に親和性の高い素材(アレルギーの少ない)で、現在歯科業界で注目されている材料の一つです。現在では、歯の被せやインプラントのアバットメントの材料として使われています。ジルコニアは、口腔内では他の素材に比べ歯周病の基となるプラークがつきにくい素材です。
そのため、歯科分野で注目されています。
インプラントは、現在チタン製でできているのが主ですが、ジルコニア素材のインプラントも数年前からヨーロッパなどでは使われ始めていました。
2年前もヨーロッパインプラント学会に参加したときもありました。
ただ依然として、普及するまでには強度などの問題やインプラント体の種類の少なさなどの問題があるため、推奨されているのは特定の症例に限られるということでした。
今後も注目していきたいと思いました。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-06-27 09:00
2010年 06月 18日

インプラントを維持するために

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
例年より遅れて京都にも梅雨がやってきました。今日は雨足も強く、傘を差していても濡れてしまうほどでした。
f0172023_135580.jpg


先週は歯の衛生週間という事もあり、いろんな媒体から歯に関する話題を得られた患者様もおられたかと思います。成人の多くの方を悩ます歯周病。今日は歯周病とインプラントに関するお話です。
歯を失う原因の多くは歯周病です。ご存知のとおり口腔内の細菌が繁殖して骨を溶かし、最終的に歯が抜けてしまう病気です。正しい歯磨きや定期検診を受ける事により予防することができますが、症状の度合いは違えど30代を過ぎると多くの方がお悩みで、当院でインプラントを受けられる患者様も例外ではありません。健康な自分の歯を維持する事がもちろん一番良いのですが、進行した歯周病を元に戻すことはできません。今までもお話してきましたように自分の歯を失ってもインプラント治療により再び歯を入れることができます。しかしながらインプラントを入れたからといって安心してお手入れを怠っていると、インプラントも長くはもちません。インプラントを入れてもきちんとお口のお手入れをして下さい。健康な歯と同様に正しい歯磨きをして、食生活にも注意し、より長く
維持して頂きたいと思っております。もちろん当院ではインプラント治療後のメンテナンスをしっかり行っていますので、患者様にも安心して頂いております。健康な歯の維持も、インプラントを長く維持するのも、定期的な検診を受ける事がとても大切です。


当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、
インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。
つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-06-18 23:55
2010年 06月 11日

総入れ歯の方への治療

f0172023_1304183.jpg
みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
今回は、総入れ歯で噛めない人へのインプラント治療の勧めを書かせていただきます。
総入れ歯の方で、インプラント治療で噛めるようにするには、インプラントの埋入本数によって変わります。
最低本数の2本の場合は、磁石などを用いてオーバーデンチャータイプで固定するタイプがあります。4本になるとALL ON 4といわれる治療があり、ブリッジタイプで噛めるようにすることもできます。
無歯顎(総入れ歯)の「オールオン4〈All on 4〉」は、4本のインプラントを傾斜させて埋入することで固定式の歯を入れ、術後数時間以内に、その固定式の歯を機能させることが可能な治療方法の
ことです。
ALL ON 4など、ノーベルガイドを用いた手術をする際、CTが欠かすことができません。
CTで、患者様の骨の状態を判断して、インプラントの埋入ポジションをしっかり決めなければなりません。
骨がほとんど無かったり、薄かったり、神経までの距離が近いのか十分あるのかなどをCTを撮影した上で判断し、インプラント治療の診断や計画を行っていくわけです。
ノーベルガイドの設計の際は、当院のCTで撮ったデータから設計を行っております。
ノーベルガイドを用いた手術では、メスでの切開、粘膜を剥離せず、術中、術後の痛みや腫れが最小限に抑えることができます。
また、手術時間を短くでき、CT撮影で得られた情報から、骨を増やす大がかりな手術を避けて、骨のある位置を正確に把握してピンポイントでインプラントを埋入することができます。さらに術前の計画の段階から、仮歯をかなり正確に作製することができます。
そのため術直後から仮歯を装着してお食事が可能となります。
ご興味のある方は当院へご相談ください。

以下に当院院長からのお知らせを記載しておきます。
7月11日(日)午前10時から、ソケットリフトとボーンスプレッディングのライブ・オペと講習会を当院で行います。
参加ご希望の方は、インプラテックス社へご連絡ください。
7月18日(日)午前10時から、勉強会を予定しています。今回も、特別講師を予定しています。
参加ご希望の方は、当院までご連絡ください。
8月21日に、Nobel Biocare Symposium Asia - Pacific 2010で、“NobelGuideプランニング”ハンズオン講習をさせて頂きます。
ノーベルガイドの基本的な考え方や、裏技までお話させていただくつもりです。
今回は、ノーベルガイドのみの話なのでかなり突っ込んだ内容になりそうです。興味のある方は、御参加下さい。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。
つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-06-11 23:11
2010年 06月 04日

インプラント講習会のおしらせ

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
日中はずいぶん暑くなりましたね。
つい最近、僕は尿路結石になりました。本当に今まで経験したことのないような痛みでした。
噂で非常に痛いことは聞いていたのですが、これほど痛いものとは思いませんでした。
以前からなんとなく違和感があったのですが、痛み出し始めてすぐに激痛が走り、そのまま病院へ行くことになりました。なんとか鎮痛処置をしてもらい無事乗り切ることができました。
次の日、病院へ行くとレントゲンに石が写っておりました。それで尿路結石だとわかりました。
この石は、尿に溶けこんでいるカルシウムやシュウ酸、リン酸などにより作成され、これらのミネラル物質が何らかの原因で結晶となり、有機物質も巻き込んで石のように固まってしまうそうです。
原因は様々あるのだそうですが、生活習慣にも原因があるみたいなので、生活習慣を整えないといけないと改めて自覚しました。
f0172023_0485938.jpg


6月4日(金)午後7時から、勉強会を行いました。インプラントの補綴物についての話が中心でした。
CAD/CAMについての話もあり、これからの歯科治療の選択肢の一つとして大変勉強になりました。

以下に当院院長からのお知らせを記載しておきます。
7月11日(日)午前10時から、ソケットリフトとボーンスプレッディングのライブ・オペと講習会を当院で行います。参加ご希望の方はインプラテックス社へご連絡ください。
7月18日(日)午前10時から、勉強会を予定しています。今回も、特別講師を予定しています。
参加ご希望の方は当院までご連絡ください。
8月21日に、Nobel Biocare Symposium Asia - Pacific 2010で、“NobelGuideプランニング”ハンズオン講習をさせて頂きます。
ノーベルガイドの基本的な考え方や、裏技までお話させていただくつもりです。
今回は、ノーベルガイドのみの話なのでかなり深い内容になりそうです。興味のある方は、是非御参加下さい。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。
つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-06-04 23:41