<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 28日

講習会

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
また気温がぐっと下がり、体が追いつかず体調管理が難しい一週間でしたがみなさんはいかがお過ごしでしたか?
先日5月23日の勉強会では、非常に多くの先生方にご参加いただきまして、ありがとうございました。遠方では広島から足を運んで頂き、いろいろなご意見を頂戴することができ、非常に勉強になりました。熱心な先生方に集まっていただき充実した一日となりました。協力していただいた先生方、スタッフ、また業者の方々にこの場をかりてお礼申し上げます。本当に有難うございました。
f0172023_22563815.jpg
僕はインプラント治療の症例発表をお話させていただきました。いろいろなご意見を頂き、考え方を柔軟にすることができました。こういった講習会でいろいろな方々と議論できる事を本当に嬉しく思っています。
次回6月4日金曜日の18時半から安田歯科で行う予定です。
ご参加希望の方は、当院院長にご連絡ください。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、
インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-05-28 22:53
2010年 05月 21日

入れ歯の方へのインプラント治療

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
先日鳥取県の大山に行ってきました。天気にも恵まれ、牧場にも行き、大自然を満喫することができました。私はすごくソフトクリーム好きなのですが、ここの牧場のソフトクリームは今までに食べた中で一番ではないかというくらい大変美味しかったです。
f0172023_0155889.jpg


当院ではCTを応用して、ソケットリフトの手術、フラップレス手術が増えています。
というのも、患者様にとってメリットが多いためです今週は、当院で治療された治療を発表したいと思います。上下総入れ歯の方でした。上は安定しているのですが、下の顎の骨がやせており、入れ歯が合わず、入れ歯が動いて物が噛めないとの事でした。それを改善するため、今回はインプラント治療をされました。
CTを撮影すると、骨がやせており、神経の出口が入れ歯の真下にありました。
今回は、インプラントにしっかり力がかかるようにして、神経の出口には、力がかからないように設計し、手術を行いました。
f0172023_0164211.jpg


CT撮影することで、骨の状態や神経の走行などを確認し、患者様にも安全に治療を受けていただくことが可能となっています。
一般的に、術前診査としてはパノラマ写真や模型によるものが多いのですが、当院には夏導入したばかりの最新のCTがあるので、
患者様への説明はさらにわかりやすく説明させていただいております。
また、ノーベルガイドのソフトウェアなどを併用することによる手術方法もフラップレス手術の一例です。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-05-21 23:10
2010年 05月 14日

上顎大臼歯部のインプラント

f0172023_1232059.jpg
みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
5月に入り、ようやく春の暖かさを感じるようになりましたが、当然今週に入り寒い日が続いていますね。服を着るにもなかなか困ります。

当院では、今週もインプラント手術が多かったです。
骨が上顎洞まで1~2㍉しか無い方にソケットリフト法を用いインプラントを埋入しました。
他の医院ではサイナスリフト法で骨を作り、しばらく待ってからインプラントを埋入する方法を勧められたそうです。
通常上顎の臼歯部の骨のない場合のインプラント治療は、2通りあります。
ソケットリフト法は、歯槽頂(上顎洞の真下)からアプローチするため、手術の負担は少なく、ほとんどの場合はこれで対応できます。ただ骨がすごく薄い場合でソケットリフトで対応できない場合は、サイナスリフトという方法を用います。
サイナスリフト法は、上顎洞の横から穴を開けて移植骨をいれ、骨を作ります。その為、手術による負担が比較的大きくなります。(ソケットリフトに比べ腫れます)
今回はソケットリフト法による造骨と同時にインプラントを埋入したため、治療期間も数ヶ月間短くなることになります。手術後、晴れがほとんどなく痛みも出なかったため大変喜んでいただきました。
できるだけ早く歯が入り、噛める喜びを一日でも早く知っていただくことを常に考えながら治療を行っております。


当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-05-14 23:18
2010年 05月 07日

ノーベルガイドを用いた治療法

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
GWは、数十年ぶりに天気が良い日が続いたそうです。今日は久々の雨でしたね。
今週技工士さんと一緒に夕食に行き、歯の被せ物や材料についてお話をし、大変有意義な時間を過ごしました。

ノーベルガイド(Nobel Guide)は、インプラントの治療計画から埋入までの一連のインプラント治療をより安全にかつ正確に行うことができます。術前のCT画像から3D画像を作成し、その画像を元にノーベルガイドは作成され、手術時に正確なインプラント埋入が可能となります。
このノーベルガイドシステムにより歯肉を切らずに、しかも正確、安全に短時間で、手術が可能となり患者さんの負担が大幅に軽減します。今、最も患者さんに優しい、最新のインプラント治療です。
ノーベルガイドを利用することの利点は、
①メスでの切開、粘膜を剥離しません。
②骨の露出、縫合等が、まったく必要がありません。
③術中、術後の痛みや腫れが最小限に抑えることができます。
④手術時間を短くできます。
⑤CT撮影で得られた情報から、骨を増やす大がかりな手術を避けて、骨のある位置を正確に把握してピンポイントでインプラントを埋入することができます。
⑥また、術前に、仮歯をかなり正確に作製することができます。
そのため術直後から仮歯を装着してお食事が可能となります。通常、ノーベルガイドを利用した即時負荷を行う場合、抜歯後2~4か月待った後にインプラント埋入手術を行います。
当院では、手術日に、残すことが出来ない歯を抜歯して、インプラントを埋入し、仮歯まで装着することもできます。抜歯と同時に、ノーベルガイドを利用した抜歯後即時インプラント埋入、即時負荷を行うことが可能です。
次回勉強会は5月23日日曜日に行います。
詳しくは当院院長にご連絡ください。
f0172023_0354580.jpg


いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-05-07 23:31