<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 26日

妊娠期間中のインプラント治療

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
f0172023_040256.jpg
桜が開花し始め、気温は上がらないですが、春らしくなりましたね。
今週末は、妹の結婚式があり結婚してから東京に行ってしまいます。新しい門出を祝うと同時になんとなく寂しい感じがしています。
今回は妊娠されている方がインプラントできるのかと質問があったのでそれについてお答えします。
インプラント治療には外科処置が伴います。それに伴い、所麻酔薬や痛み止めなどの経口投与を行う事がほとんどです。
レントゲン診査も欠かせないことなどから考え合わせると、出来得ることならこの妊娠中の大切な時期は避けていただいたほうがよろしいかと私は考えています。それは、安心してご出産をお迎えいただきたいと考えているからです。
ただし、一般的な歯科治療も含めて、月齢4,5~8ヶ月の安定期には可能と言われています。
もちろん催奇性の疑われるお薬は避け、レントゲンも必要最小限がいいと思います。
お母さんが受ける疼痛も最小限に抑える必要があります。そういった意味で妊娠時期を避け、
出産後母乳の終わってから治療を進めていくのが適当だと考えます。
どうしてもこの時期に治療が必要な場合には、ご担当医師および、ご家族さまにもよくご相談し、担当歯科医師にも綿密に計画を立てていただき、ご本人さまがご納得の上治療を進めてください。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-03-26 23:33
2010年 03月 19日

インプラントと歯周病

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
ここ最近寒さが戻りましたが、ジョギングしていると公園の草花が咲き始めており、
春の到来を感じます。今回は歯周病とインプラント治療についてお話しようと思います。
f0172023_045273.jpg


今までの治療法では、歯周病で歯がぐらついてきた場合、隣同士の歯をくっつけたり、かみ合わせを調整したりして、すこしでもその歯を残すことに主眼が置かれてきました。
そのため、グラグラになるまで歯を放っておくドクターや患者様が多かったと思います。
そのように抜けるまで放っておくと、抜けたときには歯の周りの骨の吸収が進んでしまい、ひどい場合はインプラント治療が出来ない場合があります。
たとえば下顎の臼歯部の場合、下歯槽管までの距離がほとんどなくなり、骨移植をしなければインプラントを骨の中に入れることができなくなってしまいます。
インプラント治療をする場合、重度の歯周病にかかっている歯はできるだけ早期に抜歯した方がいいのです。
当院にインプラントの相談にこられる患者さんでもよく見られます。


当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-03-19 23:39
2010年 03月 12日

ヒルトンでの勉強会

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
先週の日曜日は、前回書かせていただいたように大阪ヒルトンにて勉強会を行いました。
f0172023_0325477.jpg

勉強会では、京都市中京区の安田歯科医院の安田先生、黒本先生、小森先生、当院では院長、武田先生とともに発表しました。
また技工士さんにもお話していただき、普段と違った観点から考えることができました。
勉強会では、先生同士で普段のオペに加え応用編などの意見交換をし、大変為になる有意義な時間となりました。
岡山よりお越しの先生は予定の2時間も前に来られており、開始前からも症例相談をおこなっていました。その熱心な話し合いに参加させていただき大変刺激になりました。

今回はインプラントの土台(アバットメント)の上の被せ物について書かせていただきます。
これは医院によって様々なのですが、メタルボンドと呼ばれる陶器の被せ物が一般的で、他にはジルコニアクラウンや、ゴールドクラウン(金)、銀の被せ物など様々な被せ物があります。
ここで、当院でもよく用いているメタルボンドやゴールドクラウンについて説明いたします。
メタルボンドは、①歯先に透明感があり、自然の歯に近い ②変色しない③適合性に優れている④アレルギーがおこりにくい⑤自分の歯より堅い
ゴールドクラウンは、①高カラット白金加工製のため、高精度で適合性が高い②天然歯に近い硬さがあり対合歯を痛めないので歯に優しい
ジルコニアクラウン①変色しない ②適合性に優れている③生体親和性に優れている(アレルギーがおこりにくい)④今までのセラミックの透明度を越えた新しいセラミック
といった特徴があります。上記の被せ物は、それぞれの患者様の噛み合わせや審美的な診断のもと、
ご希望に合わせて提示させていただいております。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-03-12 23:27
2010年 03月 05日

上顎洞のインプラント

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
今週の日曜日、大阪のヒルトンにてノーベルガイド実践セミナーを13時より行います。今週はインプラント手術が多く、セミナーの準備とともに忙しい一週間でした。
今日は上顎の奥歯(臼歯部)におけるインプラント手術について書いていきます。
上顎には、人とサルに特有の上顎洞という骨の空洞があります。時々インプラントをする前に「骨がないからできない」と他院で言われ当院へ来られる患者様がおられますが、それは歯茎(歯槽骨)から上顎洞まで骨の量がないためにインプラント手術ができないということで診断されたのだと思います。
しかし当院では、インプラントができないということはありません。歯茎側から特殊な器具を用いて、上顎洞に骨を押し上げながら上顎洞の中にある粘膜を持ち上げます(もちろん場合によっては、人工材料を用いることもあります)。そうすることで骨の中にインプラントを埋入ことができるのです。
上顎洞の骨の中の形態は複雑で、個人によって異なります。特に奥歯(臼歯部)付近の上顎洞内には骨の尖った所(中隔といいます)があるため、上顎洞の粘膜を押し上げるときに注意しなければなりません。当院にはCTがあるため、術前の段階でそういったことも精査・診断して治療を進めています。
また、CTで上顎洞を撮影してみると、上顎洞炎という炎症がある場合があり、この場合は耳鼻科に一度治療を受けていただくこともあります。
上顎の奥歯で噛めない、また入れ歯が気持ち悪い等でお困りの方は、当院にご相談ください。
f0172023_23373476.jpg

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2010-03-05 23:24