<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 25日

今年最後のブログ

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です.
今日で当院も今年は終わりとなりました。今日は当院も忘年会をしていました。
当院に通っていただいた患者様、研修会や出張手術、見学に来ていただいて関わりを持たせていただいた先生方、業者の方、スタッフの方々、今年一年間本当にありがとうございました。
今年は、当院と他院を含め、個人的に約160本のインプラント手術を埋入させていただきました。インプラントの講習会やヨーロッパの学会発表や研修、など様々な勉強会に参加させていただき、知識、技術ともに一段と向上し、常に患者様に最高の治療をさせていただくように努めてきました。
来年度もよろしくお願い申し上げます。
当院では、今年一年間500症例以上を行いました。また、症例そのものも、簡単なインプラント埋入ではなく、抜歯後即時埋入、即時負荷(即時荷重)等を多く行っています。出張手術等でもそういった難症例が多かったです。特に感じたのが、やはりインプラント治療にはCTが必要だと思いました。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、
インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
f0172023_2203364.jpg

[PR]

by inoue-kirc | 2009-12-25 23:43
2009年 12月 18日

京都大学忘年会

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
ほんとに今週は急激に寒くなってきましたね。

昨日は再生医学研究所の臓器応用分野の忘年会に参加しました。
忘年会で横の席にすわったのは、同級生で同じ歯科の先生でした。
研究の話、最新の臨床の話、将来についてなどいろんな話をしながら楽しく飲みながら話していました。
今年は犬のips細胞で研究成果をあげた先生を含め、二人も新聞に載る研究成果をあげた研究グループなので、参加させていただいてるだけで、光栄でした。中には、再生医学研究所ができた当時からいらっしゃる実験助手さんも来ておられ、歴代の研究成果を上げられた先生のお手伝いをされておられたので、研究に対する取り組み方などを教えていただきました。
本当にためになる話しばかりでした。また新たに実験に取り組む意欲がわいてきました。
f0172023_0545656.jpg


当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、
インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-12-18 23:44
2009年 12月 11日

インプラント講習会と再開

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
12月に入り、先週と今週は、今年中にインプラントをしたいと言われる患者様がおられ、何かと忙しい2週間でした。

先日12月6日の京大会館での講演会は皆様のおかげで無事終えることができました。
協力していただいた先生方、スタッフ、また業者の方々この場をかりてお礼申し上げます。
有難うございました。

僕は、当院でのインプラント治療と症例発表(IPインプラントを用いた上顎にインプラントを行った症例)をお話させていただきました。
講演会では僕と同期の先生も何人か来ていました。休憩時間にそのうちの二人と色々話していると、その二人が来年春に結婚するということで驚かされました。二人の雰囲気を見ていると、微笑ましくなんとなく心が温まりました。自分の近況報告もし、結婚話とインプラント治療について盛り上がりました。
また、僕が大学時代に実習で僕を担当してくださってた先生にもお会いしました。すごく久しぶりで、その先生も僕の事を覚えてくださっていました。
最近よく街で僕を見つけていたらしく、いつか声をかけようと考えておられた様で、たまたまこの講習会で再会したので、昔の話で盛り上がりました。
こういった講習会でいろいろな人と再会できたりするのは本当にうれしいことだと思っています。
f0172023_1565982.jpg

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、
インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-12-11 23:41
2009年 12月 04日

定期検診の必要性

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
鮮やかなイルミネーションが街で見られるようになりました。お花屋さんにも華々しくポインセチアが並んでいます。今月に入ってからも当院ではインプラント手術が多い状態です。

インプラントをされた方の術前と術後の顔の表情が、驚くほど変わっているのに気づきました。ほとんどの方が笑顔が増え、術前とはどこか違って見えます。歯が入ることにより自分に自信がついたとおっしゃって頂き、気持ちも明るく変化していただけた事を実感いたしました。

最近よくインプラントをされた方に、「歯磨きはどうしたらいいの?」という質問を受けます。インプラントをされている部位や上部構造(被せ)によって異なるのですが、白くしよう、きれいにしようという気持ちから、つい歯磨き粉をつけすぎてしまいがちです。あまり多くつけすぎてしまうと、被せ物の材料によっては表面のつやがなくなることがあります。そうすると、被せ物の表面が着色したり、プラークがつきやすくなってしまいます。ですのでなるべく研磨剤の入っていない物をおすすめします。歯ブラシは習慣性のものであるため、なかなか磨く癖が変わる人は少ないのが現状です。そのため、歯垢が取れていない人も実際多く、やはり定期検診をきちんと受けることが大切になります。

12月6日のインプラントセミナーは京大会館で10時より開催です。当日は駐車場がいっぱいになることが予測されますのでお車で来られる方はお早めにお越し下さい。

当院でのインプラント治療では、ほとんどの場合、CT撮影後にインプラント手術を行っています。
そのために、手術の侵襲をかなり抑えることが可能です院は、ノーベルガイドを使用することにより、
インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。
また、残すことができない歯を抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。
他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。
そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。
また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
f0172023_2353585.jpg

[PR]

by inoue-kirc | 2009-12-04 23:30