京都インプラント再生センターについて

inouekirc.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 31日

インプラントプランニングセミナー

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の副院長の畑山敬秀です。

先日、中村社綱先生のノーベルガイドのプランニング教室を受講するために博多に行ってきました。中村先生は日本の数多くのインプラント講習会で講演されておられる有名な先生です。受講したノーベルガイドプランニング教室は一周年で多くの先生方が参加されており、以前当院に勤めていた小谷先生ともお会いしました。セミナーの中で症例相談会があり、小谷先生をはじめ3人の先生方が相談され、それに対して中村先生がアドバイスされていました。様々な考え方を聞く事ができ、大変勉強になりました。

次の日は、熊本にある中村社綱先生の医院であるCenter for Dental Implants KYUSHUへ行ってきました。
f0172023_23121715.jpg
インプラントセンターの見学では、診療見学や手術見学をさせていただきました。センター内は非常に清潔感があり、手術室も完備されており、CTもありました。手術見学では、下顎右側臼歯部にアクティブインプラントを用いたインプラント手術を見せて頂きましたが、非常に短時間で手術を終えられていました。

見学後、中村先生から京都でノーベルガイドのプランニング教室を定期的に開催するように当院院長に依頼がありました。今年から、院長がドクター向けにノーベルガイドのセミナーを何回か開催しておりましたが、これからも引き続き定期的に行うこととなり、中村先生にも一度京都の会に来ていただくことなりました。
つきましては症例相談などを含めたノーベルガイドのプランニング教室を近々開催する予定ですので参加を希望される先生方は当院にご連絡頂くか、ホームページでもお知らせいたしますので確認くださいますようお願い致します。

当院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。また、残すことができない歯を、抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私どもは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-07-31 23:04
2009年 07月 24日

インプラント治療には欠かせないCT

こんばんは。いのうえまさとし歯科の副院長の畑山敬秀です。
京都では祇園祭が終わりましたが、今週末は大阪では天神祭りがあります。祭りが続くと、夏本番という気がしますね。
今回はCTのある医院と無い医院ではどういったことが違うのかをお話させていただきます。
CTの特徴として、従来のレントゲン写真では2次元的にとっており、CTでは3次元的に撮影を行っています。つまり、まったくわからなかった方向の断面が見られるようになります。従来のレントゲンでは像の歪みのため、レントゲン上の距離は正確なものでは無かったのですが、CTではコンピュータ上で計算された距離が正確に表示されます。下歯槽管や上顎洞といった重要な解剖学的形態までの距離をあらかじめ知ることができます。そのため、粘膜を剥離しなくてもインプラント埋入できるフラップレスの治療を行うことが可能です。フラップレス治療を行うことにより、腫れたり、痛んだりする可能性が低くなります。歯科用CTは、医科用のCTと比べると、被曝量が少なく、撮影時間も短く、普通のレントゲンと同じ姿勢で撮影が可能です。
CTの解析画像が鮮明で、非常に診断しやすくなっています。インプラント治療において現在ではCT無しでというのは考えにくく、CT完備のインプラント医院を選ぶというのが一つの指標になっててきています。
またノーベルガイドを用いた手術でも、CT無しでは実現不可能です。ノーベルガイドはCTデータ上であらかじめ決めておいた位置にインプラントを埋入できる最新の技術だからです。
f0172023_516220.jpg

当院は、ノーベルガイドを使用することにより、インプラント手術のその日に歯を装着することも可能です。また、残すことができない歯を、抜いたその日にインプラントを埋入し、仮歯を装着することも可能です。他院との違いは、私たちは医学的見地から、再生医学をふまえインプラント治療をおこなっているところです。そのために外科的侵襲はほとんどありません。つまり、手術時間は短く、術中、術後の痛みや、術後の腫れは、かなり低減されます。また、治療期間を非常に短くすることが可能です。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-07-24 23:55
2009年 07月 18日

今週の手術

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
今週は祇園祭で京都の町は賑やかでしたね。

今週は上顎に2件のインプラント手術を行いました。一つ目は、上顎臼歯部のソケットリフトです。骨が非常に薄いところに2本埋入し、40分程度で終わりました。術後、患者様に「気持ち良くて寝てしまった」と言って頂けるほど痛みも不安もなく安心して治療を受けていただく事ができました。
もう1件は、ノーベルガイドを用いて傾斜埋入を行いました。
f0172023_064127.jpg
抜歯後約1ヶ月で骨も少なかった為、1本はソケットリフト、2本は傾斜埋入を行いました。そのうち1本は口蓋側への傾斜埋入、もう1本は上顎結節への傾斜埋入を行いました。このような治療ができるのも、術前にCT撮影を行い、ノーベルガイドを用いてしっかりとした治療計画を立て、設計を行うからです。傾斜埋入した後も当院のCTですぐに確認し、安心して治療を受けて頂けます。


いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-07-18 00:09
2009年 07月 10日

内覧会のおしらせ

こんばんは。いのうえまさとし歯科の畑山敬秀です。
明日、明後日は当院の副院長だった瀬川先生のせがわ歯科医医院開業前に行われる内覧会の日です。
枚方の光善寺近くにお住みの方は、是非足を運んでみてください。

インプラントするのはどれくらい痛いですか?とよく聞かれます。恐怖心が先行しがちですが、痛みはほとんどありません。親不知を抜く方が術後痛んだり、根尖性歯周炎(歯の根の病気)の歯を抜いた後の方が痛いと患者様はみな一様に言われます。
もちろんインプラントする前には、表面麻酔、浸潤麻酔を行い出来る限り痛みの無いようにさせていただいてます。希望の方は、静脈鎮静麻酔を行うことも可能です。
今週、枚方の長尾に出張に行きました。下顎ALL ON 6依頼の患者様で、ノーベルガイドを用いて行いました。即時負荷(手術当日にインプラントを固定元とした歯が入る方法)ではなく、待時(インプラントと骨が固まるまで待つ方法)でした。天然歯1本(右下3)を義歯の維持のために残し、ノーベルガイドを併用して5本の埋入手術を行いました。手術時間は麻酔時間などを入れても約1時間でした。非常に満足されて帰られました。早く噛めるようになるのが楽しみだとおっしゃってました。やはり術前にCTを撮影し、ノーベルガイドで設計し、なるべく短時間で安心して患者様に治療を受けていただける環境が患者様にとって最も良いのだと再確認しました。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
f0172023_21162916.jpg

[PR]

by inoue-kirc | 2009-07-10 21:10
2009年 07月 03日

6月末の勉強会

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
もう7月になってしまい、あっという間に半年が過ぎてしまったという感じですね。
僕個人としては、仕事もプライベートも充実した2009年前半だったのですが、皆さんはどうでしたか?

今回は先週安田歯科医院で行った勉強会の内容を書こうと思います。
発表は今回は当院院長が発表されました。発表内容は、ここ最近当院で行ったノーベルガイドの症例とノーベルガイドの症例検討会、ワンポイントアドバイスなどを行いました。ノーベルガイドを利用した抜歯即時埋入即時負荷(歯を抜いたその日に歯が入る方法)などは、技術的に難しいのですが、わかりやすく説明をされ、ノーベルガイドの設計からパソコンを用いて講義をされました。いろいろな先生方が参加され、ノーベルガイドの基本的な使い方や設計の仕方など様々な質問があり、活発な意見を交わしました。
その後は、参加者でお食事会に行きインプラント治療などを中心にお話をしていました。
f0172023_23451444.jpg


いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました
[PR]

by inoue-kirc | 2009-07-03 23:38