<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 29日

再会

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
最近は手術見学に来られる先生方が増えております。
今週も院長とともに枚方の方に出張手術にいってきました。そこに岡山の倉敷市からALL ON 6などの症例見学をしたいとのことで、先生が来られました。その先生というのが、以前一緒にグアムのカダイバーで一緒に勉強させていただいた先生で、当院の勉強会にも来ていただいており、それ以来でした。いろいろなお話をしながら見学していただいてました。
出張手術の内容は、以前上顎に抜歯即時でノーベルガイドを用いて7本埋入していた患者様で、IPインプラントを用いて仮歯を装着していました。今回は右側に2本インプラントを埋入するというものでした。前回右側は、上顎洞炎だったため手術が出来なかったのですが、最近CT撮影を行い炎症が引いたことを確認した上で2本ソケットリフトで埋入させていただきました。骨は3~4mmほどで粘膜が分厚かったので、すぐに手術は終わりました。
その後は、歯をインプラントにつけていく過程などを見学の先生に見ていただいてました。
また、空いている時間などを利用して、当院院長がノーベルガイドの有用性やインプラント治療についての考え方を指導していました。
f0172023_083012.jpg

見学の後、一緒にお食事をさせていただく時間があり、そこでノーベルガイドの使い方や症例相談の細かいことから将来の歯科の考え方やこれからのインプラント治療について等お話させていただきました。その先生とお話していると、自分も今以上に切磋琢磨しなければと思いました。当院では常に患者様にとっていい治療ができるようさせていただきております。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-05-29 23:29
2009年 05月 22日

中谷歯科(堀内先生の手術見学)

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
新型のインフルエンザが広がりを見せ、京都の学校も一週間休みになっていると聞いています。皆さんは、予防対策に手洗いやうがいやマスクをきちんとされていますか?

今日は奈良県の五條市にある、中谷歯科(阪大の臨床教授の堀内先生)のところに見学に行ってきました。f0172023_018116.jpg今回のケースは9ヶ月前に上顎の口蓋裂部分も閉鎖し骨移植を行っておられる患者様で、今回は両側のサイナスリフトと同時埋入と、頬棚から骨を採取し足りないところに移植するというものでした。
右側のサイナスリフトは非常に難しく、右上4と6(右上5はもともと欠損歯でした)を残した状態でのサイナスリフトであったため上顎洞の粘膜を剥離し挙上するのが非常に困難な症例でしたが上顎洞を15mm以上挙上し、インプラント同時埋入を行いました。また右上3部に関しても埋入した後、頬側の足らないところに左側の頬棚から骨をブロック骨で採取し、移植したのち固定しました。左側も左上4と5を残してのサイナスリフトでありましたが、同時埋入を2本行い終了しました。非常に勉強になり、手技や考え方など勉強になりました。
堀内先生の手術や技術を勉強を希望される先生方は、7月にグアムであるカダイバーコースに参加されると非常に勉強になると思います。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-05-22 23:14
2009年 05月 15日

ノーベルガイドの勉強会

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
週末は雨みたいですが、今週はすごく過ごしやすい日が続いたような気がします。
本日は、以前勤めておられた九州の小倉のインプラントセンターの先生に来ていただき、勉強会を行っていました。
話の内容は、ノーベルガイドを利用した究極のMIインプラント治療についてや、ノーベルガイドを使った症例の検討会を行っていただき、いろいろな先生方とインプラントについて話し合い勉強させていただきました。九州のほうでもインプラント手術をするときに、なるべく腫れないようにとノーベルガイドを希望される患者様は増えてきているそうです。
当院でのノーベルガイドを利用したインプラント埋入手術件数は、昨年はわずかの差で2番だったそうですが(個人の医院では1番だそうです)当院では今年も多数のノーベルガイドを利用した治療を多数行っています。ノーベルガイドを利用したインプラント治療を希望される方は一度当院にご連絡ください。
f0172023_727247.jpg

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-05-15 23:30
2009年 05月 08日

山菜採り

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
GWはいかがお過ごしだったでしょうか?高速道路の料金値下げにより高速道路はかなり混雑しているようでしたが、一般道は比較的すいているように思いました。
ぼくは、山菜取りに行ってきました。山菜と言っても今回はワラビが主です。山の奥まで上っていかなくてはならず、いい運動になりました。
f0172023_053128.jpg
ワラビはゼンマイ等と似ているため、山菜に詳しくない僕には見つけるのがなかなか難しく、一緒に行ってる山菜に詳しい方に教えてもらいながら探して採っていました。ワラビは、お浸しにしたり、山菜ごはんにしたりいろいろ食べる方法があります。また、山ぶきの茎も集めました。茎を昆布と一緒に煮て佃煮にして食べるとよいそうです。あまり食べたことがないですが、旬のものはおいしいそうです。
こういったものをおいしく食べるときでもしっかり噛めることは重要です。噛むことによってその素材の味が口の中に広がってくるからです。そういった場合に、噛むことにお困りの方がいらっしゃったら、一度インプラントを検討されてはいかがでしょうか?インプラントにすると、入れ歯で噛めなかった山の幸などもしっかり噛めることができます。当院では患者様のQOL(生活の質)の向上のお手伝いをさせていただきます。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-05-08 23:55
2009年 05月 01日

歯周病と糖尿病とタバコ

こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科の畑山敬秀です。
先週土日は副院長と噛み合わせの勉強会に出席してました。とても有意義なお話で、自分の考え方の幅を広げられたと思います。歯科といっても、細かく専門分野が別れており、インプラント、歯周病、根管治療、その他多数あります。その一つ一つをいろいろな考え方を学ぶのは大事なことなので常日頃勉学し、また研究(京都大学再生医科学研究所)にも励んでいます。
歯周病に関連し、本日はタバコや糖尿病の共通点について書きたいとおもいます。タバコは毛細血管を収縮させ、血流を悪くさせます。そのため、細部にまで血液が行き届かないので、治癒が悪くなります。組織が再生するために必要な因子が血液から運ばれてこないから治りが悪いのです。また糖尿病の方においても、組織の治癒不全をひきおこします。
このタバコ、糖尿病というのは、ある程度抑えることができます。タバコはご自分で控えてもらう、また糖尿病は手術等の前に医師に診てもらい、自己管理とともに薬である程度治すことも可能です。インプラント治療においては糖尿病の状態と術前の抗生物質の投与さえしていれば問題ありません。
ただ歯周病はちがいます。一度なってしまうと自己管理だけではなかなか治りません。歯医者や衛生士さんに診てもらい、ある程度で進行を止めることは可能ですが、歯周病で一度無くなってしまった骨は戻りません。歯周病がひどくなってしまう前に歯科医に診てもらったほうがよいと考えます。
ご相談がある方は当院にご相談ください。当院ではインプラントを含めた歯周病の治療をご説明いたします。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-05-01 23:53