<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 27日

美山への出張手術

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
今週は京都の南丹市の美山町まで出張に行ってきました。
その日は、京都市内では天気が良かったのですが、美山町に近づくにつれ天気が悪くなり、雪が降ってきました。それもパラパラではなくボタン雪が降るほどでした。
f0172023_2140244.jpg

すごく雪が積もっていましたが、その雪野原の一部に目をやると、思わずはっとしました。
雪の中から元気よく、つくしが生えているように見えたからです。
f0172023_21394193.jpg

僕は昔田舎に住んでいたのでよくつくしを見かけましたが、最近つくしを全く見かけなかったので美山で見れてすごく懐かしい気持ちになりました。またつくし料理のことも思い出しましたが、僕は苦手だったのを覚えています。
つくし料理を含め、山菜料理などは、なかなか入れ歯だと、よく煮たり炊いたりしないと噛むことができないと聞きますが、インプラント治療をすれば、しっかり噛めることができ、味わうことが出来ます。インプラント治療がその地域に普及し、食事もしやすくなれば幸いだなと思います。また、出張手術に関しては20分で終了しました。
最近、某有名番組(おもっ○○テレビ)や雑誌でもよくインプラントを取り上げて特集を組んだりしていますが、混乱することも多いと思います。当院ではいつでもインプラントの質問等を受け付けておりますのでご相談ください。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-03-27 22:06
2009年 03月 20日

手術当日に歯が入るインプラント治療

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
最近急に暖かくなりましたね。五条付近の枝垂桜が咲き始めているのを昨日見つけました。桜の開花予想も例年より早い見たいですね。
最近は、患者さんの間でもインプラント治療が口コミで広がってきているように感じます。義歯が不快なためインプラントさせる方は増えてきています。その中でも、その日に歯が入るインプラント治療は何なのかとよく聞かれます。その治療とは、ノーベルガイドを利用したインプラント治療です。。以下は、そのノーベルガイドについてお話ししようと思います。ノーベルガイドを利用することの利点は
①メスでの切開、粘膜を剥離しません。
②骨の露出、縫合等が、まったく必要がありません。
③術中、術後の痛みや腫れが最小限に抑えることができます。
④手術時間を短くできます。
⑤CT撮影で得られた情報から、骨を増やす大がかりな手術を避けて、骨のある位置を正確に把握して
ピンポイントでインプラントを埋入することができます。
⑥手術直後から仮歯を装着してお食事が可能となります。当日に食事が出来るというメリットが非常に大きいと思います。
詳しいご相談については、いつでも対応させていただきます。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。f0172023_8302275.jpgまた、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-03-20 08:30
2009年 03月 13日

歯周病とインプラント

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
f0172023_20362570.jpg
ここ最近寒さが戻りましたが、大阪城の梅が咲き始めていると聞き春の到来を感じます。
今回は歯周病とインプラント治療についてお話しようと思います。
歯周病で歯がぐらついてきた場合、隣同士の歯をくっつけたりかみ合わせをゆるめたりして、すこしでもその歯を残すことに主眼が置かれてきました。そのため、グラグラになるまで歯を放っておくドクターや患者様が多かったと思います。そのように抜けるまで放っておくと、抜けたときには歯の周りの骨の吸収が進んでしまい、ひどい場合はインプラント治療が出来ない場合があります。たとえば下顎の臼歯部の場合、下歯槽管までの距離がほとんどなくなり、骨移植をしなければインプラントを骨の中に入れることができなくなってしまします。インプラント治療をする場合、重度の歯周病にかかっている歯はできるだけ早期に抜歯した方がいいのです。
当院にインプラントの相談にこられる患者さんでもよく見られます。歯周病で歯が揺れてきてインプラント治療をお考えの方は、一度当院にご相談ください。当院では歯周病の状態を適切に判断し、上記のように早急に抜歯した方がいい、あるいはこの歯はまだ十分残りそうなど、まずはお話しさせていただいております。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-03-13 20:37
2009年 03月 07日

出張手術

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
先週の土曜日、瀬川先生と山口県の歯科医院へ出張手術に行きました。
そこで激安の駐車場を見つけました。すごい広く、安かったのにびっくりしました。
そこの写真をアップしました。
手術の症例としては上顎左右のソケットリフトとインプラント同時埋入の手術でした。
手術は順調に終わりました。
この院長先生とは、以前OAMの講習会のときに親密にさせていただき、たびたび連絡を取らせていただき、出張手術に行くことになりました。
また広島から熱心な先生が二人も見学に来られており、この先生方の一人はOAMでお会いした方でした。
ここの先生とお話していると,最近広島や山口や博多では、患者様の歯科に対する考え方も変わってきたようでインプラント手術をする人が増えているそうです。ただ、症例が増えれば難症例といわれているものも増えてきており、困っている先生が多いとのことでした。
手術後、症例の相談を瀬川先生と一緒にアドバイスをさせていただきました。
また、今月は枚方、宇治、美山、に出張手術の予定があります。
当院では、院長をはじめ、スタッフ一同で患者様のQOL(生活の質)をあげれるよう日々努力しています。

f0172023_1382187.jpg
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-03-07 00:04