<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 27日

喫煙

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です.
今週は雨ばかり振っていたような気がします。来週は晴れてほしいですね。
今週は喫煙について書かせていただきます。
喫煙が健康にとって有害であるということは、既にご存知の事と思いますが、糖尿病、高血圧症、動脈硬化などの生活習慣病の全てに、喫煙が悪影響を及ぼしていることが明らかになっています。その病気によって口腔内に病原菌が繁殖し、毛細血管の微小循環が悪くなり、歯周病が発生し、歯が抜け落ちてしまうのです。
タバコを吸うと歯やインプラントにヤニが付着します。この付着したヤニは、お口の中の細菌が増殖する最高の環境になってしまいます。また、タバコに含まれるニコチンは歯肉や骨の毛細血管を収縮させ、血管の中を流れる細菌に抵抗する成分を局所に届きにくくしてしまいます。その結果、傷の治りが遅くなったり、万が一細菌が入り込んだときの抵抗力を低下させてしまいます。また、血液中の免疫に関する細胞そのものを弱らせてしまうということも分かってきています。タバコを吸うことによる免疫力の低下は、さらにビタミンCの破壊とそれに伴うコラーゲン線維の生成の低下を引き起こし、歯周病などの病気になる原因となっています。そのためインプラント希望のタバコを吸っていらっしゃる患者様には、タバコの本数は出来るだけ少なくしてくださいと説明しています。
f0172023_2035696.jpg


いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-02-27 20:37
2009年 02月 20日

糖尿病

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です.
最近寒いですが、皆さん風邪は大丈夫ですか?寒い割りに昔より雪など降る日が少し、少なくなった気がいたします。
今回はインプラントと糖尿病との関連について書かせていただきます。
糖尿病の方は、血液検査でヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)という値を測定します。その際ヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)の値が7未満なら、だいたい大丈夫です。この数値が高い方は、糖尿病の危険性があります。糖尿病だとなにが危険かというと、手術後の感染の危険性や、創傷部の治癒が遅かったりします。ただ、術前に内科の先生に診察していただき、糖尿病をコントロールしておられる場合は問題ありません。また、手術を行う場合などは、術前に通常より多い抗生物質を飲んでいただければ、インプラント治療は可能です。
明日明後日は、副院長と勉強会に参加してきます。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-02-20 19:40
2009年 02月 13日

骨移植とピエゾサージェリー

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
最近花粉症がひどく、毎日が大変です。皆さんは、大丈夫ですか?
今回は、骨移植について書かせていただきます。
インプラントを希望されている患者様で、診察してもらうと先生から骨が無いとか少ないからインプラントが出来ないとかいわれた経験のある方は多いと思います。特に、上顎の前歯部や臼歯部の骨欠損、下顎臼歯部の下歯槽管までの距離が無い骨の方など様々な場合が考えられます。
こういった場合、骨があるところへ向けてインプラントを傾斜させて埋入するのか骨移植を行わないとインプラント治療が行えません。骨移植を行う場合、当院では自分の顎の骨(特に下顎枝部)を用いて移植をすることが多いです。ただ,骨移植を行うと腫れや痛みが出てしまいます。そのため当院では骨移植を行う際、出来るだけ侵襲が少なくなるように心がけています。
今週どうしても骨移植を避けることが出来なかった患者様の手術がありました。上顎の審美部位であったため、骨移植をさせていただきました。右下の顎から骨を採取したのですが、その際
ピエゾサージェリーという最新の機械を用いて出来るだけ侵襲が少なくなるようにさせていただきました。骨移植すると治癒期間も約半年余分にかかってしまいますが、審美的にはよくなります。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
f0172023_0234459.jpg

[PR]

by inoue-kirc | 2009-02-13 23:57
2009年 02月 06日

CTとノーベルガイド

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
ニュースでは、ぼちぼち花粉が飛びだしていると報道していました。花粉症の症状がひどい僕は、早速鼻水が止まりにくく苦労しています。皆さんは、対策できていますか?

ALL ON 4など、ノーベルガイドを用いた手術をする際、CTが欠かすことができません。CTで、患者様の骨の状態を判断して、インプラントの埋入ポジションをしっかり決めなければなりません。骨がほとんど無かったり、薄かったり、神経までの距離が近いのか十分あるのかなどをCTを撮影した上で判断し、インプラント治療の診断や計画を行っていくわけです。

ノーベルガイドの設計の際は、当院のCTで撮ったデータから設計を行っております。ノーベルガイドを用いた手術では、メスでの切開、粘膜を剥離せず、術中、術後の痛みや腫れが最小限に抑えることができます。また、手術時間を短くでき、CT撮影で得られた情報から、骨を増やす大がかりな手術を避けて、骨のある位置を正確に把握してピンポイントでインプラントを埋入することができます。さらに術前の計画の段階から、仮歯をかなり正確に作製することができます。そのため術直後から仮歯を装着してお食事が可能となります。

当院では昨年の8月よりCTを導入しており、これまでよりも非常に詳細な術前の診断が可能となり、患者さんにはより一層わかりやすい説明と、安心して治療を受けていただくことができるようになりました。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
f0172023_2164591.jpg
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2009-02-06 21:08