京都インプラント再生センターについて

inouekirc.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 26日

今年最後のブログ

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です.
今日で当院も今年は終わりとなりました。当院に通っていただいた患者様、研修会や出張手術、見学に来ていただいて関わりを持たせていただいた先生方、業者の方、スタッフの方々、今年一年間本当にありがとうございました。
今年は、たくさんのインプラント手術を始め、インプラントの講習会やヨーロッパの研修、など様々な勉強会に参加させていただき、知識、技術ともに向上し、常に患者様に最高の治療をさせていただくように努めてきました。
来年度もよろしくお願い申し上げます。
当院では、今年一年間500症例以上を行いました。また、症例そのものも、簡単なインプラント埋入ではなく、抜歯後即時埋入、即時負荷(即時荷重)等を多く行っています。出張手術等でも
そういった難症例が多かったです。
全身麻酔で行ってもできないと言われて当院に紹介されてこられる患者様にも、局所麻酔のみでインプラント埋入手術を行っています。通常、困難であると言われているこれらの症例も、当院では1本あたり平均20分の手術時間で行っています。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。年末年始のお休みは、12月27日から1月5日までです。1月6日より診療を開始します。
f0172023_1343855.jpg

[PR]

by inoue-kirc | 2008-12-26 23:30
2008年 12月 19日

京都大学再生医科学研究所(再生研)の忘年会

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です.
今日は、京都大学再生医科学研究所(再生研)の忘年会でした。今年は、4月から勉強させていただき、気付けば、もう12月で早いなと思いました。そこで、学生のときにお世話になった先生もその忘年会に来られており、その先生も再生研で研究をなさっているとのことで驚きました。歯科以外の先生方とも、いろいろな研究の話を聞き勉強になりました。
来年は臨床に応用できる更なる研究を目指したいと思っております。
また、今週はノーベルガイドを用いて、右下小臼歯部に即時負荷を行いました。
この患者様は、ずいぶん長い間歯牙を入れておられてなかったため、年末までに歯を入れることができ大変喜んでおられました。また、抗凝固薬(少し血が止まりにくいお薬)を飲まれてることもあり、ノーベルガイドを用いた方法で行いました。出血もほとんど無かったため、大変びっくりされておられました。
当院では、昨年は500症例、本年も9月までに400症例以上を行っています。また、症例そのものも、簡単なインプラント埋入ではなく、抜歯後即時埋入、即時負荷(即時荷重)等を多く行っています。通常、困難であると言われているこれらの症例も当院では平均20分の手術時間で行っています。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方も一度ご相談ください。
f0172023_2471060.jpg
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2008-12-19 23:53
2008年 12月 12日

手術当日に噛める歯(即時負荷)

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です.
今週も風邪が流行っているみたいで、みなさん、風邪の予防対策を十分してください。
最近いろいろな先生が見学にこられ、インプラントの情報交換を活発に行っております。
今週私が担当していた症例について書きたいと思います。上顎の残存歯すべてが歯周病のため、排膿が続いており、思い切って正月までに治したいという方の手術を行いました。保存が厳しい状態であったので、すべてを抜歯し、インプラントを埋入し、その日に歯が入る(抜歯即時負荷)方法を行いました。合計8本のインプラントを埋入しました。このうち即時負荷に用いたのは、4本で行いました。
前歯部は排膿がきつく、骨がほとんど無い状態であったのですが、犬歯部分にはインプラントを埋入することが出来ました。見た目もきれいな状態で歯が入りました。当院ではこういった手術の際には、手術前から技工士さんに来ていただき、手術前の歯の状態を参考に、手術後の歯を作っていただいています。歯科医と技工士さんでチームをつくり、なるべく手術時間を短時間に行うことができ、患者様にはその日に歯を入れて帰っていただいてます。
当院では、昨年は500症例、本年も9月までに400症例以上を行っています。また、症例そのものも、簡単なインプラント埋入ではなく、抜歯後即時埋入、即時負荷(即時荷重)等を多く行っています。通常、困難であると言われているこれらの症例も当院では平均20分の手術時間で行っています。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。f0172023_20323367.jpgまた、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2008-12-12 20:26
2008年 12月 05日

当院でのCTの使い方

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です.
今年も後少しになりました。
当院にインプラント相談に来られる方が増えており、年内に手術を希望される方がほとんどとなっています。当医院に相談に来られた場合、その日のうちにCTを撮影することが可能です.
撮影した画像から、その患者様に合わせた治療計画をすぐに説明することが可能です。
患者様自身に自分のCT画像を見ていただくことにより、より一層わかりやすく説明をさせていただくことが可能です。
ノーベルガイドを使ったインプラント治療をうける場合、通常なら相談→CT→説明→インプラント手術となりますが、当医院ではその日にCTをとることが可能なために一度きていただく手間が省くことが可能です。そのため、
f0172023_17382340.jpg
ぎりぎり年内に手術をすることが可能です。
また、今週は瀬川先生と京都大学の放射線の実験をしてきました。さらに一層CTやレントゲンの分野でも理解が深まりました。今年の9月にヨーロッパでキューリー婦人の博物館に行ったことを思い出しました。
当院では、昨年は500症例、本年も9月までに400症例以上を行っています。また、症例そのものも、簡単なインプラント埋入ではなく、抜歯後即時埋入、即時負荷(即時荷重)等を多く行っています。
通常、困難であると言われているこれらの症例も当院では平均20分の手術時間で行っています。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2008-12-05 19:31