京都インプラント再生センターについて

inouekirc.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 08月 29日

IPインプラント

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
最近8月とは思えないくらい涼しく、僕にとっては快適な毎日となっています。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
今回は、IPインプラント(Immediate Provisional Implant )について説明します。
インプラントを埋入すると、そのすぐ後の治療の選択肢には4つの方法があります。
一つ目は、その部位を経過観察し何も入れません。二つ目は、義歯を使います。三つ目は、即時負荷という、埋入したインプラントを用いて土台をいれ、その日に歯を入れる方法があります。四つ目がIPインプラントという特殊なインプラントを用いる方法です。三つ目に紹介した方法は、埋入したインプラントに負担がかかります。どうしてもそういったことを避けたい場合に応用として、IPインプラントを用いることがあります。つまり、通常のインプラントに負荷をかけないために、用いることが多いインプラントです。
このインプラントは 、通常のインプラントより細いですが、歯科インプラント手術後の
治癒期間中に一時的な仮歯を支持する頑丈な1ピース構造のインプラントです。(写真参考)
もちろん当日に仮の歯を入れることができ、患者様にも安心して帰っていただけます。
一時的な仮の歯は、歯科インプラント治癒期間中、ご自身の歯として使用することができ、見た目も問題ありません。治癒期間を経た後は、埋入したインプラントを用い、土台を作り、歯を入れていきます。
当院では、こういった方法も行っております。


いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。f0172023_2055166.jpgまた、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2008-08-29 21:30
2008年 08月 22日

静脈内鎮静法

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
少し涼しくなり夏の終わりに近づきましたね。
今週は、当医院で麻酔をかけながら、インプラント手術を受けていただける静脈内鎮静法を併用した手術がありました。静脈内鎮静法を併用した左側のサイナスリフトとインプラント同時埋入を行う手術です。この症例は、上顎洞内の中隔が発達しており、粘膜が非常に薄く、骨の高さも約1~2mmと大変難しいサイナスリフトであったため、世界的にも有名な大阪大学歯学部の臨床教授の堀内克啓先生にお越しいただき、執刀していただきました。
手術を見学させていただき、非常に勉強になりました。術後も、術式について丁寧に教えていただき、学ぶところがたくさんありました。他の医院の先生も見学に来られ、いろいろインプラントについて情報交換させていただきました。
静脈内鎮静法を併用すると、患者さんに安全に手術を行うことができ、恐怖感無く、安心してインプラント手術を受けていただけます。鎮痛作用は無いため、局所麻酔を併用いたします。
局所麻酔のもとで静脈内鎮静法を併用するため、手術は寝ている状態で痛みもありません。
患者様も安心して喜んでいただけました。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。f0172023_757519.jpg
[PR]

by inoue-kirc | 2008-08-22 20:20
2008年 08月 15日

OAM講習会

こんにちは。いのうえまさとし歯科の畑山敬秀です。北京オリンピックでは、北島がニ冠達成し、その他の選手も好記録をだし、盛り上がっていますね。みなさんは、お盆をいかがお過しでしょうか?
先週の日曜は、徳島の藤島先生と当院の副院長とOAM講習会のお手伝いをさせていただきました。遠方では九州や中国地方から数多くの先生に参加いただきありがとうございまし。OAMは、骨が少ない場合のみに利用するのではなく、初期固定を得る一つの手段として有効です。当院でも応用して使っております。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2008-08-15 07:52
2008年 08月 08日

ショートインプラント

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です.
今日は、北京オリンピックの開会式が行われていました。開会式は、すごく迫力があり活気が伝わりました。日本選手達にもトップを目指すため頑張ってほしいものです。何事においても、一番になるのは難しいですが、トップを目指し頑張っている人たちを見ていると、自分も目標に向かって頑張ろうという気持ちが湧き上がってきます。皆さんは、どうですか?
それはさておき、今回は、ショートインプラントについての説明です。
インプラント体が8mm以下のものをショートインプラントといいます。(写真では向かって右下、患者様では左の下の顎の部分のインプラント)
インプラントの長さは、通常メーカーによって異なりますが、10mm~16mmの長さが一般的です。では、ショートインプラントは、どういう場合に用いられるかというと、下顎では、下歯槽管(神経や血管のあるところ)に近い時に用いられ、上顎では上顎洞までの骨の量があまり無い場合に用いられます。
こういったインプラントの存在を知らない先生のところに行くと、「骨を増やす手術が必要です」とか「あなたは、インプラント治療のできない骨の量です」などと言われ、インプラント治療をあきらめる方が多いです。当院では、骨の無い場合その他に傾斜埋入という方法も用意しています。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
f0172023_23405745.jpg
[PR]

by inoue-kirc | 2008-08-08 23:31
2008年 08月 01日

噛み合わせと全身の関係

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
8月に入りましたね。涼しいところに旅行に行きたいと思う今日この頃です。
相変わらず暑いですが、みなさん体調には気をつけてください。f0172023_19343141.jpg
今回は、インプラント治療がなぜ必要かということを、全身的なことから説明したいと思います。
歯を1本失うと、放置すれば、やがて周りの歯が傾き低くなります。そうすると、上下の歯が、噛み合わなくなるので、下の顎が低い側に移動します。その結果、顎のずれが生じ、首に負担がかかり、肩こりやストレスを感じることが増えてきます。また、どんどん歯が抜けていき放置したとしたら、不自由な食生活を強いられ、体の不調を訴え、病気がちになっていきます。噛めなくなるということは、食べ物を細かくできず、唾液の分泌も減少し、消化吸収の効率が悪くなり、噛む力が弱くなります。また脳や全身への血流量が少なくなり、全身の栄養不足を招きます。すると、顎や全身の筋肉も衰え、骨の石灰化分の体外への流出も生じてきます。その結果、骨粗鬆症になりやすかったり、骨折や寝たきりの生活などを引き起こしたりします。
こういったことは、噛み合わせが引き起こす、全身との係わり合いの中のほんの一部なのです。よく噛めるということは幸せなことであり、皆さん歯をなくされてから歯が大事だったのかと気づかれる方が多いのが現実です。
歯がなくなれば、できるだけ早期にもとの噛みあわせに近い状態に戻すために、インプラントを含めた歯科治療を受け、噛みあわせを回復されるのがよいと考えられます。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2008-08-01 20:01