京都インプラント再生センターについて

inouekirc.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 25日

インプラントの歴史と種類

f0172023_3185174.jpgみなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
今回はインプラントの歴史や種類についてかかせていただきます。
古くは1913年に考案されたバスケット型インプラントや1947年に考案されたらせん状型のインプラント、そして1953年に考案されたビス型レジン製インプラントもありました。しかし、これらのインプラントは術式の煩雑さや生体内における安定性の低さなどから徐々に臨床から姿を消しました。その後、骨膜下インプラント、歯内骨内インプラント、骨内インプラントが臨床に登場してきましたが、感染の問題や形状の問題、さらには、予知性が低く、重篤な骨吸収を引き起こすこともあり、臨床から遠のいていきました。現在主流となっている口腔インプラントシステムは、ルートフォーム(歯根型)・オッセオインテグレーテッドインプラントと呼ばれる骨内インプラントとなっています。
またインプラントは、1ステージ法(1ピースタイプ)と2ステージ法(2ピースタイプ)にわけられます。さらにインプラント体の表面性状によっても(a)チタン系インプラントと(b)HA(ハイドロキシアパタイト)をコーティングしたインプラントに分けられます。
インプラントにはいろいろな種類があり、そのケースに適したものを選ばなければなりません。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。
そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。
当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。
また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2008-07-25 23:58
2008年 07月 18日

ノーベルガイド

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
今回は前回からの続きを書かせていただきます。
ノーベルガイドについてです。これは抜歯、即時埋入する際に利用できるものです。
手術日に、残すことが出来ない歯を抜歯して、インプラントを埋入することができ、仮歯まで装着ることも可能です。ノーベルガイドを利用することの利点は
①メスでの切開、粘膜を剥離しません。
②骨の露出、縫合等が、まったく必要がありません。
③術中、術後の痛みや腫れが最小限に抑えることができます。
④手術時間を短くできます。
⑤CT撮影で得られた情報から、骨を増やす大がかりな手術を避けて、骨のある位置を正確に把握してピンポイントでインプラントを埋入することができます。
⑥また、術前に、仮歯をかなり正確に作製することができます。
そのため術直後から仮歯を装着してお食事が可能となります。
本日もノーベルガイドを用いた手術をさせていただきました。
いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。f0172023_2135436.jpgまた、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2008-07-18 21:04
2008年 07月 11日

抜歯即時インプラント

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
昨日は、南極で観測史上初冬に、70m級の氷河が崩落したと聞きます。地球温暖化が目に見える形で急速に進みつつあるのだと実感しました。しかし、世界の首脳が集まった洞爺湖サミットでは、あまり進展がなかったような・・・。
それはさておき、今回は、抜歯して当日にインプラントを埋入する(抜歯即時インプラント)方法の説明をさせていただこうと思います。
普通、抜歯してから、治癒期間を待っても、すぐに骨の量は回復せず、抜歯した時点より、やや骨は吸収してしまいます。それなら、抜歯した時点で、骨の周囲の状態がよければ(感染となりうる原因が除去されていれば)、抜歯を行った日にインプラント埋入手術をさせていただきます。そうすれば、骨も保存でき、歯がしっかりと入れることができます。また、審美的に満足していただくこともでき、患者様の負担が減り、来院回数も減って、満足度が高くなります。
また、手術前にCTを撮っていただければ、切開・剥離を加えないノーベルガイドを用いた方法もあります。抜歯即時埋入、即時負荷(抜歯した日にインプラント埋入手術と仮歯が入る方法)も可能です。次回に詳しく説明させていただきます。

いのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。f0172023_20193041.jpgまた、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2008-07-11 20:30
2008年 07月 04日

ソケットリフト

みなさん、こんばんは。京都市左京区のいのうえまさとし歯科医院の畑山敬秀です。
今回も前回に引き続き、上の顎の骨が少ない場合の対処法を説明させていただきます。
当院では、今週も上の顎で骨がないため、他医院でインプラント治療が無理だといわれた方がやはりインプラントを希望され相談にこられるケースがありました。今回はソケットリフトという方法についてです。
前回も述べたように、上の顎には、上顎洞があり、通常のインプラ ントは、上顎洞の下の骨の部分に埋め込むわけですが、そこの骨が足りない場合があります。そういう時に、上顎洞を持ち上げて、インプラントを埋め込むための方法をソケットリフトといいます。骨の高さが足りない部分の、上顎洞底の骨を若木骨折させ、オステオトームという器具で、上顎洞底を押し上げます。(人工の骨補填材を挿入する場合もあります。)上顎洞底が持ち上がったところで、インプラントを埋入します。ソケットリフトは、歯槽頂(上顎洞の真下)からアプローチするため、手術の負担は少なく、ほとんどの場合はこれで対応できます。
本日の手術もこのソケットリフトという方法にて対処させていただきました。
ただ骨がすごく薄い場合でソケットリフトで対応できない場合は、前回説明させていただいたサイナスリフトという方法を用います。

f0172023_22204040.gifいのうえまさとし歯科医院は、インプラント専門部門の京都インプラント再生センターを併設しています。そのために、他院(インプラントセンターや大学病院も含め)で、無理だと言われた方でも一度ご相談ください。当院では、ノーベルガイドを始めいろいろな方法で、患者さんには痛くなく、腫れないで、早く噛めるようにさせていただいています。また、来院回数をかなり少なくすることができます。遠方の方でも治療可能となりました。
[PR]

by inoue-kirc | 2008-07-04 22:13